津軽文化と青森の涼を感じる

夏のご滞在 2019

緑濃く、涼やかな風を感じる青森の夏。津軽四季の水庭は、にぎやかな弘前ねぷた祭りを表現した津軽びいどろで彩られ、大間まぐろや鮑など青森の味覚を堪能する贅沢な夏の特別会席もご用意。大浴場の大きな窓に切り取られた庭園の鮮やかな緑を眺め、涼やかな風を感じながらの湯浴みもおすすめです。津軽の伝統と文化に浸る、夏の青森の旅を満喫してはいかがでしょうか。
期間:2019年6月1日~8月31日

津軽四季の水庭で楽しむ 津軽の夏

津軽の夏には、短い夏を謳歌するような祭りの情熱からその終焉の儚さまで、さまざまな 情緒や情感が漂います。界 津軽では、水辺のテラスに青森県の伝統工芸品「津軽びいどろ」で 作った約 150 個の灯りを設えて、弘前ねぷた祭りのような力強さを表現します。暗くなると、水庭で三味線の生演奏が始まります。迫力のあるパフォーマンスに「ヤーヤードー」という掛け声が加わり、弘前ね ぷた祭りのお囃子を楽しめます。夏いちばんの賑やかさの一方で、水上には松明の灯がとも り、役目を終えたねぷたを炎で清めて送る行事「七日火送り(なぬかびおくり)」のような 神聖さも連想させます。

期間
2019年6月1日~8月31日
時間
<津軽びいどろの灯り>
17:00~22:00
<津軽三味線の演奏>
20:30~または21:00~
※雨天などにより中止する場合がございます
料金
無料
※宿泊料金は別途かかります。
予約
不要
  • 津軽三味線の演奏は、テラスまたは水上にて予定しています。
  • 水上での特別演奏の日程については以下の通り予定しております。
  • 6・7月:毎週土曜日 8月:毎週土曜日と2日~13日

青森の贅を味わう 夏の特別会席

夏の味覚である鮑の刺身をハーブの香るお湯にくぐらせ、2種類の冷製出汁でいただく「鮑の氷しゃぶしゃぶ」。鮑の刺身は見た目も涼しげに、氷に載せてご用意します。歯ごたえのあるお造りから、柔らかく火の通った状態まで、お好みに合わせてお召し上がりいただけます。他にも青森を代表する食の一つ「大間まぐろ」を贅沢に使用したお造りや和牛など、青森の贅を味わう特別会席をご堪能ください。

期間
2019年6月1日~8月31日
料金
1泊2食付 24,074円~(税別)

津軽びいどろで楽しむ 湯涼みのとき

2019年4月のリニューアルオープンで誕生した「津軽四季の水庭」は、昼は湯上り処として、夜はBARとして姿を変え、くつろぎのひと時をお過ごしいただけます。夏の期間は、りんごのお酒や地ビールなどを、津軽の伝統工芸品「津軽びいどろ」のグラスでご提供。ゆったりと津軽の伝統に浸るひとときをお楽しみください。

期間
2019年6月1日~8月31日
場所
津軽四季の水庭
料金
シードル、地酒、地ビールなど
950円~
※宿泊料金は別途かかります。
予約
不要

暑い夏を涼しく楽しむ ねぷたかき氷

津軽の夏の風物詩・弘前ねぷた祭りをイメージした「ねぷたかき氷」。8色のガラスを写し取った「津軽びいどろ」の器でねぷた祭りの華やかさを、赤・青・緑のカラフルなゼリーで祭りの賑やかさを表現しています。

期間
2019年7月13日~8月31日
時間
18:30~20:30
場所
ロビーまたは津軽四季の水庭
料金
無料
※宿泊料金は別途かかります。
予約
不要

世界にひとつだけの ねぷたうちわづくり

迫力ある扇の形が特徴の「弘前ねぷた」。正面(鏡絵)の勇壮な武者絵と、裏面(見送り絵)の柔和な美人画で、動と静を表現しています。弘前から車で30分の界 津軽では、昨年の弘前ねぷた祭りで実際に使用された和紙を用い、ねぷたうちわづくりが体験できます。世界にひとつだけのうちわを片手に、テラスでしっとりとした宵涼みのひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

期間
2019年6月1日~8月31日
※ねぷた和紙がなくなり次第終了いたします。
時間
18:00~20:30
場所
トラベルライブラリー
料金
無料
※宿泊料金は別途かかります。
予約
不要

ひばりんごの浮かぶ古代檜の温泉

古くから湯治場として知られる大鰐温泉。界 津軽では樹齢2千年を超える古代檜の大浴場でとろみの湯をお楽しみいただけます。夏の変わり湯として青森ヒバで作られた「ヒバりんご」を大浴場の湯殿に浮かびます。木目を生かした丸いフォルムが愛らしく、すがすがしい香りとともに夏の暑さを癒してくれます。

期間
2019年6月1日~8月31日
時間
大浴場 15:00~25:00/5:00~11:00

心ゆくまでこぎん刺しを楽しむ 刺し放題

青森を代表する伝統工芸「津軽こぎん刺し」。美しいシンメトリーな模様がモダンにアレンジできると人気です。界 津軽では、刺し放題キットをご用意しています。リニューアルで生まれ変わった客室「津軽こぎんの間」でこぎん刺しのモチーフに囲まれながら、心ゆくまで津軽こぎん刺しの魅力をご堪能ください。

期間
通年
場所
客室
料金
刺し放題キット 1セット1,000円(1日3組限定)
※簡単なこぎん刺し体験「思い出こぎん」は無料、トラベルライブラリーにて
※宿泊料金は別途かかります。
予約
不要
※フロントにてお声がけください

周辺情報

熱い夏を体感する青森4大夏祭り

界 津軽から車で60分の青森ねぶた祭は、お囃子のリズムにあわせた跳人(はねと)たちの「ラッセラー」の掛け声とともに、武者をかたどった壮大な山車(人形ねぶた)が街を練り歩く、東北の夏の風物詩です。毎年6日間の開催期間中、実に300万人もの観光客が訪れます。他にも「弘前ねぷたまつり」や「黒石よされ」、「五所川原立佞武多」など、滞在の前後で青森の熱を感じる「青森4大夏祭り」をご体験ください。

青森ねぶた祭り

ねぶたの魅力は宵闇に大見得をきる大型ねぶたの迫力。さらに魂を揺さぶる囃子と、天を突く勢いで狂喜乱舞する跳人(ハネト)たち。美しさ、荒々しさ、風情、そのすべてが凝縮された日本を代表するエネルギッシュな夏の火祭りです。

弘前ねぷた祭り

扇型のねぷたの鏡絵(前)には勇壮で色鮮やかな武者絵が、見送り絵(後)には妖艶な美人画が描かれるのが特徴。約80台の扇ねぷたや人形ねぷたが、ヤーヤドーの掛け声とともに城下町の街並みを練り歩く、情緒溢れる津軽の夜祭りです。

黒石よされ

黒石よされは廻り踊り、組踊り、流し踊りの3つの踊りで構成されている日本三大流し踊りの1つ。 エッチャホー、エッチャホーの掛け声が街中に響きわたり、連日約2000人の踊り手が沿道を踊り歩きます。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

  • 2019年4月1日リニューアルオープン

    「津軽四季の水庭」の誕生 全室ご当地部屋「津軽こぎんの間」へ
  • 津軽文化と青森の涼を感じる

    夏のご滞在 2019
  • 紅葉を愛でながら津軽文化に触れる

    秋のご滞在 2019