花づくしの青森を楽しむ

春のご滞在 2018

幻想的な雪見桜風呂につかり、春を告げる「花見蟹」の特別会席に舌鼓。桜を通じて春の津軽文化を感じる「津軽の春色に染まる滞在プラン」や、日本一の弘前さくらまつりで青森の花見を堪能。春のよろこびに満ちた、花づくしの青森旅を提案します。
実施期間:2018年3月1日~5月31日

春の津軽文化を感じる
「津軽の花色に染まる滞在プラン」

桜を通じて春の津軽文化を感じる「津軽の花色に染まる滞在プラン」が誕生します。ウェルカムドリンクには、弘前公園最長寿のソメイヨシノの花弁から取った桜酵母と、弘前産のリンゴを使った「弘前城しいどる(シードル)」を提供。ご当地部屋「津軽こぎんの間 」にはさくら色のこぎん刺しアイテムを揃え、到着後には桜茶や和菓子を、夕食後には地酒を味わいながらライトアップされた桜の生け花を愛でられます。毎夜開催される津軽三味線の演奏では、「さくらさくら」のアレンジなど迫力満点の音色を間近で体感。2日目には桜染した糸を使用したこぎん刺しのワークショップも。余すことなく春の津軽文化を感じ、春色に染まることができる特別プランです。

期間
2018年3月1日~4月20日
場所
津軽こぎんの間 離れ悠庵
料金
1泊2食付 45,000円~
※2名様よりご予約いただけます。
予約方法
WEB専用プランにて7日前までに要予約
  • ※1日1組限定とさせていただきます。
  • 販売終了いたしました。

花見蟹や大間まぐろなど
青森の贅を堪能する春の特別会席

青森の春に欠かせない「とげくり蟹」。こぶし大の小さな蟹で、殻は刺々しくても身は栗のように甘いことから付いた名前です。花見の季節に旬を迎えることから、地元では「花見蟹」と呼び、お花見の席で食べられています。界 津軽では花見蟹と、青森を代表する食の一つ「大間まぐろ」や和牛とともに、青森の贅を堪能する春の特別会席をご賞味ください。

提供期間
2018年4月1日~5月31日
料金
1泊2食付 26,000円~
  • 販売終了いたしました。

白銀のなかに春の訪れを感じる雪見桜風呂

冬から春にかけて、樹齢2000年を超える古代檜の大浴場で「りんご湯」を実施しています。大きな窓越しに雪の残る庭を眺めながら、りんごの甘い香りに包まれて癒しのひとときをどうぞ。また、4月は弘前にちなんだ切り桜、5月にはりんごの切り花を眺める花見風呂をお楽しみいただけます。湯浴みをしながら楽しめる、季節に合わせたふるまい酒もご用意。情緒あふれる冬から、よろこびに満ちた春へ。白銀の雪のなかにも春の訪れを感じる、青森ならではの贅沢です。

実施期間
2018年3月1日~5月31日
※雪見風呂は降雪状況によります。
※花見風呂は花の入荷状況によって日付が多少前後いたします。
実施時間
毎日15:00~21:00
料金
無料

伝統工芸 津軽こぎん模様の灯りが降り注ぐ
「木漏れ日kogin」誕生

界 津軽の約60mある客室棟の廊下に、津軽地方の伝統工芸「津軽こぎん刺し」の模様をモチーフにした光が降り注ぐ「木漏れ日kogin」が誕生しました。ご当地部屋「津軽こぎんの間」などを手掛けるKoginデザイナーの山端氏とともに作り上げた、こぎん模様が通路の天窓や壁、廊下などに、いくつもの幻想的なこぎん模様の灯りが映し出されます。

期間
通年
場所
客室棟5Fの通路
料金
無料

春のこぎん刺し体験

青森を代表する伝統工芸「津軽こぎん刺し」。美しいシンメトリーな模様がモダンにアレンジできると人気です。春はかわいらしいお花模様のこぎん刺し体験もご用意しております。

期間
2018年3月1日~5月31日
時間
10:00~11:00
料金
1,000円~
予約
要予約
フロントにてお申込みください。

東北最大級の「弘前さくらまつり」で
春の青森を満喫

界 津軽から車で30分の弘前公園は、毎年春には約200万人が訪れる桜の名所。春の東北最大級の「弘前さくらまつり」では、約50種・2500本を超える桜が弘前公園を華やかに彩り、桜の木のトンネルや、ボートに乗って桜の花を愛でる水上花見などお楽しみいただけます。ご宿泊の前後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

期間
2018年4月21日(土)~5月6日(日)
有料区域および有料時間
■本丸・北の郭/4月23日(月)~5月5日(土) 7:00~21:00
■本丸・北の郭/4月21日(土)・4月22日(日)・5月6日(日) 9:00~17:00
■弘前城植物園/9:00~18:00(入園券の販売は、17:30まで)
夜間ライトアップ
日没~22:00(予定)

世界一長い桜並木や知られざる枝垂れ桜の名所も

界 津軽から車で60分の岩木山南麓には、約20kmの「世界一長い桜並木」が続きます。残雪を頂いた岩木山を背に、6500本のオオヤマザクラが咲き誇ります。また、界 津軽からわずか徒歩数分の「大鰐あじゃら公園」は知られざる桜観賞スポット。池を囲むように植えられた優美な枝垂れ桜をゆっくりと楽しめます。

開花時期
岩木山の世界一長い桜並木 4⽉下旬〜5⽉上旬
大鰐あじゃら公園の枝垂れ桜 5月中旬
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

  • 紅葉を愛でながら津軽文化に触れる

    秋のご滞在 2018
  • 青森旅に、来ました。

    Discover AOMORI
  • 界 津軽より電車で10分

    弘前で知られざる「青森」に出会う旅