界のうるはし現代湯治

津軽の奥座敷でしっとり美肌滞在

星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」は、温泉の本質を伝え、湯治文化を現代に受け継ぐことをブランドの約束とし、「うるはし現代湯治」のご提案をしています。
津軽地方の奥座敷にある界 津軽では、江戸時代の全国温泉番付で横綱以上の別格「行司」と称された名湯・大鰐温泉をご堪能いただけます。四季折々の景色を眺めながらの「津軽たいそう」もおすすめです。

  • 1泊2日の温泉旅館滞在を通じて、温泉の成り立ちや泉質について学び、温泉入浴の効果を高める入浴法や呼吸法、国家資格者によるマッサージなど、現代の生活に適した新たな湯治文化を楽しめる「うるはし現代湯治」。2018年12月1日より、各施設で「界の湯守り」と呼ばれる湯治の知識を身に着けたスタッフが、入浴時のアドバイスはもちろん、食事や文化体験なども含めた滞在プログラムのご提案を開始します。
    「界の湯守り」についての詳細はこちら

滞在モデルスケジュール

界 津軽の大浴場には、青森ヒバを使用した湯船があり、大きな窓からは四季折々の景色を楽しめます。また温泉には保湿効果があり、入浴後しっとりと肌の潤いが保たれます。朝の澄んだ空気の中「津軽たいそう」をし、入浴することで、より温泉の効果を実感していただけます。

温泉いろはで歴史や泉質を学ぶ

15:00 客室で一息
16:00 温泉いろは
*温泉の歴史や泉質を学ぶ
16:30 入浴
17:45 夕食
*大間まぐろの赤身はアミノ酸が豊富で、新陳代謝を促すと言われる

青森ヒバの湯船で美肌の湯を堪能

21:10 ご当地楽
*伝統工芸「津軽三味線」の生演奏鑑賞
22:00 入浴
*りんご酢・ごぼう茶で、ビタミンやミネラルの補給
23:00 瞑想・就寝前のストレッチ

津軽たいそうでリフレッシュ

7:00  津軽たいそう
*冬は雪かきを組み込んだエクササイズなど、津軽の四季を感じながら体をほぐす
7:30 入浴
8:30 朝食
9:30 こぎん刺し体験「思い出こぎん」

泉質
ナトリウム - 塩化物-硫酸塩泉
景観
秋は紅葉、冬は雪景色と、四季折々の景色をお楽しみいただけます。
歴史
1190年頃、円智上人が発見したのが開湯の由来とされています。江戸時代の全国温泉番付では、横綱以上の別格「行司」と称される名湯です。

温泉いろは

湯守りが入浴法など温泉のいろはを楽しく紹介。 界 津軽では、紙芝居で大鰐温泉の特徴を歴史・泉質・環境の3つのテーマに分けてご説明いたします。

時間
16:00~16:20
場所
トラベルライブラリー
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

  • 星野リゾート 界が考える3密回避の滞在

    最高水準のコロナ対策宣言
  • 星野リゾート 界

    GoToトラベルキャンペーンの適用について
  • 紅葉を愛でながら津軽文化に触れる

    秋のご滞在 2020