紅葉を愛でながら津軽文化に触れる

秋のご滞在 2019

2019年4月にリニューアルオープンした界 津軽。新しく誕生した「津軽四季の水庭」を中心に、紅葉や津軽の伝統工芸を愛でる、紅葉とりんごをテーマにしたご滞在を提案します。秋から冬にかけて旬を迎える、まぐろの最高峰「大間のまぐろ」を堪能する特別会席に、舌鼓を打つのもおすすめです。また、大浴場の大きな窓からは、美しい紅葉をお楽しみいただけます。この時期にしか出会えない、津軽の秋を満喫ください。
実施期間:2019年9月1日~11月30日

秋を感じてテラスで寛ぐ りんごのお茶会

青森県は、りんごの生産量が日本一。界 津軽では、そんな秋の味覚・りんごをテーマにしたお茶会を開催します。水庭をのぞむテラスにしつらえられた、伝統工芸「津軽塗」のりんごがたわわに実る木の下で、食欲の秋にぴったりなスイーツを楽しむひとときをお過ごしいただけます。ひと口サイズのりんごのスイーツたちが、津軽塗のお菓子箱にお行儀よく整列し、秋の午後を彩ります。りんごに包まれて、ご家族やご友人との会話も弾みます。

期間
2019年9月1日~11月30日
時間
15:30~16:30
料金
1,800円(1名あたり、税・サービス料込)
定員
1日1組限定(最大3名様)
予約
要予約
界予約センター:0570-073-011
4日前までにお申し込みください。

りんごが浮かぶ湯殿から眺める紅葉

大浴場の大きな窓の外に広がるのは、あたたかな陽ざしにやさしく照らされた紅葉です。りんごの香りとともに浸かる温泉は、津軽の秋そのもの。まるで一枚の絵画のような眺めをお楽しみいただけます。

期間
2019年10月中旬~11月上旬
紅葉の見ごろ 例年10月中旬~11月中旬
時間
15:00~25:00  5:00~11:30
毎朝6:00~7:00は窓を開放します
場所
大浴場
料金
無料
※宿泊料は別途頂戴いたします。

最高峰のまぐろを堪能する「大間のまぐろづくし会席」

豊かな漁場に囲まれ、贅沢な海産物が揃う青森県。とりわけ津軽海峡で獲れた大間産まぐろは「黒いダイヤ」と呼ばれ、 名実ともに鮪の最高峰と言われています。その大間まぐろを使った秋の特別会席では、素材の味をそのままお楽しみいただくお造り、赤身や中トロの握り寿司など、この時期だけの大間まぐろを存分にご堪能いただけます。

提供期間
2019年9月1日~2020年2月29日(12月29日~1月3日を除く)
料金
1泊2食付 24,100円~(税別)

秋の夜長に楽しむ 三味線の音色

ロビーに飾られた日本画の巨匠・加山又造の壁画、「春秋波濤(しゅんじゅうはとう)」に描かれた、大きな満月を眺めながら、津軽三味線の生演奏を聞く、秋の夜長を過ごしてみてはいかがでしょうか。「春秋波濤」には、津軽の代表的な四季をあらわす弘前の桜、八甲田の紅葉、津軽海峡の大波、そして山々の間には大きな満月が描かれています。秋の期間には「りんご節」の演奏も予定しています。

期間
2019年9月1日~11月30日
時間
毎晩21:00頃~
場所
館内ロビー
料金
無料
※宿泊料は別途頂戴いたします。
  • 演目は予告なく変更となる場合があります。ご了承ください。

360°紅葉パノラマ 八甲田山ロープウェイ

界 津軽から車で60分、十和田八幡平国立公園にある八甲田ロープウェイでは、360°の紅葉パノラマを眺める空旅をご体験いただけます。見晴らしの高台からは津軽平野、陸奥湾、遠くは北海道までも見渡せることも。9月下旬頃から山頂付近が色づき始め、10月中旬まで紅葉をお楽しみいただけます。眼下に広がる紅葉を独り占めできる贅沢な時間を満喫してみてはいかがでしょうか。

紅葉の見頃
2019年10月上旬~中旬頃予定
料金
大人 片道 1,250円・往復 2,000円

弘前城 菊と紅葉まつり

八甲田や白神山地の山々が色づきはじめると、弘前公園も1,000本の楓、2,600本の桜が深紅に染まり、城下町に秋の訪れを教えてくれます。 弘前城4大祭りの1つ「弘前城 菊と紅葉まつり」では、青空と紅葉のコントラストに、丹精込めて造られた大輪の菊花が咲き誇り、風情ある弘前の秋を存分にご堪能いただけます。

期間
2019年10月18日~11月10日 開催予定
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

  • 2019年4月1日リニューアルオープン

    「津軽四季の水庭」の誕生 全室ご当地部屋「津軽こぎんの間」へ
  • 津軽文化と雪に触れる

    冬のご滞在 2019-2020
  • 青森旅に、来ました。

    Discover AOMORI