秋の夜長~りんご風呂

2020.09.26

ブログをご覧の皆様、こんにちは。
短い夏を終え秋分も過ぎ、津軽の地は朝晩の空気が肌寒く感じるようになりました。

9月1日から四季の水庭は秋の設えに変わり、紅葉をあしらった灯篭を浮かべております。
またテラスのベンチ横には伝統工芸品「津軽塗」を使ったリンゴの木を設え、津軽の秋をより近くで見てお楽しみいただけます。

暗闇を照らすぼんやりとした温かな光で秋の夜長をゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

さらに秋から冬にかけ、大浴場では生のりんごが浮かんだりんご風呂をお楽しみいただけます。
(大浴場に浮かぶりんごの品種は時期によって変更します。)
9月中頃の現在浮かんでいるのは「サンつがる」という品種で、毎年8~9月には収穫できる早生種です。
その時期ならではの品種の特徴を眺めてみるのもりんご風呂の楽しみ方の一つです。

りんごの生産量が全国1位の青森県ならではの温泉をぜひ体験しに界 津軽へお越しくださいませ。

  • 界 津軽スタッフ

    界 津軽のスタッフが、施設の最新情報や津軽の四季、周辺のイベントなどをお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE