奥日光の絶景に出会う

冬のご滞在 2019-2020

界 日光では、「厄除け」「開運」「いちご」「絶景」などご興味のあるテーマで冬の日光を満喫できる滞在をご提案いたします。この冬は、7つの厄払い体験ができる「日光厄払いステイ」や山椒づくしで三勝を勝ち取る「日光開運プラン」、中禅寺湖の夕景を眺めながらいちごを味わう「絶景いちご滞在」をご用意いたしました。1年で最も空気が澄む冬の季節に足をお運びいただき、心癒されるひとときをお過ごしください。
実施期間:2019年12月1日~2020年2月29日

7つの厄除けができる「日光厄払いステイ」

「厄払いルーム」での宿泊をはじめとした7つの厄除け体験ができる「日光厄払いステイ」プランをご用意いたしました。「厄払いルーム」は、魔除けの意味がある麻の葉模様で統一した、泊まるだけで厄払いできる 1日1室限定のお部屋です。照明や欄間、行灯は栃木の伝統工芸品「鹿沼組子」で作られており、その繊細さが目を楽しませます。宿泊した翌朝に、山岳信仰の聖地として名高い男体山をご神体とする二荒山神社中宮祠と、中禅寺湖の名の由来となった日光山中禅寺立木観音の両方で厄払いの祈祷をすることで、世界遺産である日光の社寺にまつわる体験をしていただけます。

7つの厄除け体験

人の一生に三度訪れる厄年は、災難や障りがふりかかる恐れが多いため、万事において気をつけなければならない、とされています。「日光厄払いステイ」では 8 と 9(厄)を手前でとどめるという意味で7つの体験を行います。

1 「厄払いルーム」に宿泊

1日1室限定の厄払いルームには、伝統工芸品の鹿沼組子を使い、35種以上ある模様の中でも魔除けの意味を持つ麻の葉模様の組子をあしらっています。

2 伝統工芸品・鹿沼組子を使った厄除けアクセサリー作り

館内の組子ライブラリーでは、麻の葉模様の鹿沼組子を使った自分だけの厄除けアクセサリーを作成いただけます。

3 「御免下駄」を履いて参拝

栃木の伝統工芸品「日光下駄」を履いて、社寺参拝します。本プランでは、日光下駄の中でも江戸時代、参拝時の正式な履物とされた「御免下駄」を栃木県伝統工芸士・山本雅史氏に作成いただきました。

4 日光山中禅寺立木観音にて写経体験

日光山中禅寺立木観音では、ご本尊の千手観音をお参りした後、写経を体験いただけます。

5 大黒天堂にて特別加持祈祷

普段は入ることのできない大黒天堂にて特別加持祈祷を行います。
※加持祈祷…仏の力を借りて数珠を体に当てて災いを払う儀式

6 二荒山神社中宮祠にて厄払いの祈祷及び、お札とお守りの授与

男体山をご神体とする二荒山神社中宮祠では、厄払いの祈祷が受けられます。

7 ”厄”と書いたお皿を投げて割る「カワラケ割り」

お守りとお札を授かった後、ご神木が並ぶ幸運の社にて、"厄"と書いたお皿を投げて割る「カワラケ割り」を行い、厄を落とします。

期間
2019年12月1日~2020年2月29日
※除外日:12月20日、12月28日~1月4日、14日、25日、27日、28日、31日、2月2日、10日、14日、17日
※その他、社寺の都合により変更する可能性がございます。
料金
1泊2食付 35,000円~(2名1室利用時の1名料金、サ込税別)
定員
1日1室限定 2名様まで

山椒づくしで三勝を勝ち取る「日光開運プラン」

日光ならではの体験を通じ、運気を切り開くことができる1日1室限定の「日光開運プラン」をご用意いたしました。「開運部屋」に泊まって勝負運を、二荒山神社中宮祠の山椒の木にちなんだ体験を通して運気をアップさせます。日光開山の地として知られる二荒山神社中宮祠の境内には大きな山椒の木があることから、「山椒」が「三勝」と転じて、現在でも多くの参拝者が三勝(己・人生・勝負)を求めて集まります。

【一勝】辛さ際立つ山椒の味覚で勝ち運を上げる

山椒を使ったオリジナルスイーツでお出迎えし、夜には山椒酒を提供いたします。翌昼には、近隣の「鮨くろさき」で山椒づくしの「開運ランチ」を楽しめます。山椒うどんは、二荒山神社の「山椒うどん祭り」で実施される3分ジャストで食べ終える競技にちなみ、勝負運を試していただけます。

【二勝】「開運部屋」滞在で勝負運を高める

「開運部屋」では、栃木県伝統工芸士で海外でも知られる大畑耕雲氏の迫力ある武者絵を楽しめます。また、お部屋には日光山中禅寺立木観音の「宝槌」を設置しています。

【三勝】冬の絶景ツアーで勝負運を勝ち取る

地元のタクシードライバーが、その日お勧めの絶景スポットへご案内します。日光の名瀑である華厳の滝、竜頭の滝を見ながら身を清め、二荒山神社中宮祠ではご神木「いちいの木」を参拝し、勝負運を祈願します。
※冬の絶景ツアーはオプションです。別途申し込みが必要です。
※2名からの催行になります。
※料金:1名 12,000円(税別、サービス料、タクシー代、保険料、二荒山神社中宮祠宝物館入館料含む)

期間
2019年12月1日~2020年2月29日
※除外日:2019年12月28日~2020年1月5日
※社寺の都合により一部除外日となる可能性がございます。
料金
1泊2食付 29,000円~(2名1室利用時の1名料金、サ込税別)
※オプションツアーの料金は含まれておりません。
定員
1日1室限定 2名様まで

冬の奥日光を満喫する「絶景いちご滞在」

1日2室限定で旬のいちごを堪能する「絶景いちご滞在」をご用意いたしました。日光開山の地でありパワースポットで知られる男体山を一望できるロビーに、期間限定で「絶景茶屋」を設えます。徳川家将軍たちが日光を詣でた江戸時代の行事「日光詣」の休息場をイメージした茶屋では、鮮やかな夕日やピンク色に染まる朝焼けを望めます。絶景茶屋では、希少な白いちごや日光名産の羊羹を使用した温かい甘味を提供いたします。

「いちごの甘酒」と「いちごの練り切り」でお出迎え

ご到着時には、ウェルカムドリンク「いちごの甘酒」と東照宮御用達の和菓子店が作ったウェルカムスイーツ「いちごの練り切り」でお出迎えいたします。

夕景を眺めながらの「紅白羊羹フォンデュ」

夕暮れ時には、絶景茶屋にて夕景を眺めながら、温めた羊羹に赤と白のいちごをディップする「紅白羊羹フォンデュ」をお楽しみいただけます。

絶景茶屋にて「おめざ体験」

シャンパン、生いちご、地元和菓子店の冬限定「いちごの生大福」をご用意いたします。

期間
2019年12月1日~2020年2月29日
料金
1泊2食付 28,000円~(2名1室利用時の1名料金、サ込税別)
定員
1日2室限定 1組あたり4名様まで

夕焼けといちごの羊羹フォンデュ

中禅寺湖の夕焼けは1年を通して見られる絶景ですが、正面に見える日光連山に雪に積もり、夕陽と雪のコントラストがより鮮やかになるのは、冬の時期限定です。羊羹フォンデュは、地元の製餡所と界 日光のオリジナルの甘味です。夕焼けを眺めながら、温めた羊羹に旬のいちごをつけてお召し上がりください。

期間
2019年12月1日~2020年2月29日
時間
15:30~18:00
場所
組子ライブラリー
料金
1名あたり 1,500円(税サ込)
予約
当日17:00までフロントにて申し込み(10食限定)

朝焼けといちごのおめざ

施設から見える、空のピンク色に染まることもある中禅寺湖の朝焼けは、スタッフ一押しの絶景です。この絶景が見られる時間帯に、おめざとして、東照宮にゆかりのある和菓子店「おしやま」の冬限定「いちごの生大福」、生いちごをご用意しております。シャンパンをご希望の方は追加料金でご提供いたします。

期間
2019年12月1日~2020年2月29日
時間
6:30~7:30
場所
組子ライブラリー
料金
1名あたり 1,890円~(税サ込)
※シャンパンをご希望の場合は、追加料金 1名あたり 2,200円(税サ込)
予約
前日18:00までフロントにて申し込み(10食限定)

東京から界 日光直通 冬季無料送迎バス

毎年御好評いただいております東京駅発着の界 日光直通の無料送迎バスを、今冬も運行いたします。東京から界 日光へ向かう場合、公共交通を利用すると電車(特急または新幹線)と路線バスの乗り継ぎが必要ですが、冬季無料送迎バスでは東京駅周辺を出発し、界 日光まで直接お越しいただけます。また、往復ともに途中で日光東照宮エリアを経由し、ご自由に乗降車できますので、ご宿泊前後に世界遺産めぐりもお楽しみいただけます。

運行期間
2019年12月1日宿泊~2020年3月31日宿泊
※運行除外日:2019年12月28日宿泊~2020年1月4日宿泊
※宿泊施設が休館中の場合、バスは経由いたしません。
料金
宿泊者無料
※外来利用のお客様のご予約はお受けしておりません。
予約方法
事前予約制(先着順)
ご希望の方は下記専用サイトからご予約していただくか 界予約センター(TEL 0570-073-011)へお電話にてご連絡ください。
※ご宿泊のご予約後にお申し込みいただけます。
予約受付締切
宿泊日2日前20:00まで
※受付締切時点で予約がない場合、バス運行を中止いたします。
※無料送迎バスは満席になり次第、予約受付を終了いたします。ご利用希望のお客様は、お早めにご予約ください。

彩り華やかな
特別会席「ウニと和牛の東照湯波会席」

ウニと湯波の先付に始まり、東照宮をイメージした鮮やかな器の八寸など目にも楽しい料理が並びます。メインは和牛と湯波を豆乳にくぐらせてお召し上がりいただくミルフィーユしゃぶしゃぶをご用意。きのこや野菜とともに、口当たりがなめらかで大豆の豊かな風味が広がる湯波をご堪能いただけます。

期間
2020年5月31日まで
除外日:2019年12月31日~2020年1月2日、2020年5月1日~5月6日
料金
1泊2食付 24,910円~(2名1室利用時の1名料金、サ込税別)
予約
5日前までに専用プランにて申し込み

奥日光の冬の絶景スポット

華厳の滝

界 日光から歩いて10分程に位置する「華厳の滝」は、四十八滝といわれる日光の数ある滝の中でも最もよく知られる名所。中禅寺湖から流れ出た水が、落差97mの滝を一気に流れ落ち、日本三名瀑のひとつにも数えられています。冬の時期には細い小滝が凍り、滝全体が青色に見える「ブルーアイス」と言われる景色は、奥日光でしか見ることの出来ない絶景です。

中禅寺湖

約2万年前、男体山の噴火により溶岩で渓谷がせき止められてできた、といわれる日光を代表する湖です。冬は冠雪した日光連山が湖の水面に反射し、美しい白銀の世界が広がります。

いろは坂

日光市街と中禅寺湖を結ぶいろは坂。紅葉の名所として有名ですが、冬期は条件が揃えば樹氷を見ることができます。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

  • 冬の日光を満喫

    東京から宿直通 無料送迎バス
  • 2019-2020・冬のごほうび温泉旅

    ご当地の縁起物にあやかる開運旅
  • 奥日光の絶景に出会う

    冬のご滞在 2019-2020