「手業のひととき」がはじまりました

2021.04.13

今年は全国的に桜の開花が早く、日光の社寺エリアの桜も少しずつ葉桜に変わってきました。界 日光のある中禅寺湖周辺の山桜は標高が高いこともあり、開花にはもう少しのようです。

さて本日は4月よりはじまりました「手業(てわざ)のひととき」についてご紹介いたします。「手業のひととき」とは、地域の文化を継承する職人や作家、生産者の方々と連携し、その希少な技を間近で見たり、一緒に行うことができるご当地文化体験です。「その地域、その季節ならではのおもてなし」を提供してきた「界」として、お客さまに地域の職人、作家、生産者とその技に触れ、より深く地域の魅力を感じて欲しいという想いで企画しています。

界 日光では、日光東照宮をはじめとする歴史的建造物の修理に携わってきた女性の伝統工芸士、伊原 実穂氏の指導のもと、日光の社寺に実際に使われている岩絵の具などの貴重な材料を使って工芸品づくりを行います。体験をしながら社寺を彩る極彩色の意味合いや社寺の装飾に施された動物のモチーフに込められた先人の想いなどの解説を聞くことができ、その後、社寺をめぐると今までと異なる視点で参拝することができます。また、貴重な文化財を守り、後世に引き継いでいく伝統工芸士や修復士という仕事を知る面白さもあります。

ぜひ日光ならではの職人の文化に触れてみてはいかがでしょうか。

期間:2021年4月1日~6月30日の平日
時間:宿泊翌日10:00~12:00
場所:界 日光 施設内
料金:1名 3,850円~(宿泊費別)*作成する作品により異なります
定員:1日2組・(1組1~6名)最大8名まで 
*1名より実施
予約:4日前までに予約確認ページより予約

  • 界 日光スタッフ

    界 日光のスタッフが、施設の最新情報や日光の四季、周辺のイベントなどをお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE