伝統工芸に触れる組子ヘアクセサリー作り

2020.07.18

日光がある栃木県には、多くの伝統工芸品があり、そのひとつである「鹿沼組子」は、江戸時代に日光東照宮を造営していた職人が作り始めたのが誕生のきっかけと言われております。接着剤を使わず、木を組み合わせることで作られているのが特徴で、代表的な柄の麻の葉模様には魔除けの意味もあると言われております。界 日光ではその「鹿沼組子」を使ったオリジナルのアクセサリー作りをお部屋でもお楽しみいただけます。ご自身の旅の思い出にお作りいただくのもよし、大切な方へのお土産にもおすすめでございます。

【時間】15:00~21:00
【料金】1,800円(税込)
【予約方法】当日、フロントにて受付 *30分ほどでお作りいただけます。

  • 界 日光スタッフ

    界 日光のスタッフが、施設の最新情報や日光の四季、周辺のイベントなどをお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE