界 松本 スタッフの制服紹介

2020.07.22

梅雨明けを知らせる白南風が吹き、いよいよ本格的な夏がやってきましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日ご紹介させていただくのは、界 松本の制服の模様についてです。
界の制服は全国で統一されたデザインとなっております。襟元や袖に現れる裏地の模様が特徴的なデザインですが、実はそれぞれの施設で異なった模様が施されております。

界 松本は松本城城主の石川和正の家紋である竜胆(リンドウ)をモチーフにしています。竜胆の葉が笹に似ていることから、笹竜胆とも呼ばれている花です。長野県の県花にもなっており、花言葉は「正義感」です。美しい青色の花を咲かせる竜胆は、8月頃から高原地帯でご覧いただくことが出来ます。
この竜胆のモチーフを、水色とピンクの2色を使って編成しております。水色は松本の豊かな湧き水を、ピンクは城下町の雅さを表しています。

それぞれの施設にちなんだ模様が使われている界の制服。ご宿泊の際はぜひ色柄にもご覧ください。

  • 界 松本スタッフ

    界 松本のスタッフが、施設の最新情報や松本の四季、周辺のイベントなどをお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE