松本花いっぱい運動

2019.05.28

皆様こんにちは。
避暑地として有名な長野県ですが、最近は日差しが強く暑い日が多くなってきました。


さて松本といえば音楽、クラフト、山などを思い浮かべる方が多いと思いますが、実は松本は花の魅力も豊富であることはご存知でしたか?

松本は「花いっぱい運動」発祥の地として知られています。

この運動は、戦後街が荒廃し人々の心にも余裕が持てない中で「社会を美しく・明るく・住みよくする」、また花を通じて人々の心を豊かにとの願いが込められた運動で、昭和27年4月8日当時松本市の小学校の教員であった小松一三夢先生によって始められました。
以来この運動は全国、世界へと発展し社会を明るく美しくするという願いの種は多くの人々の心に花を咲かせています。

この活動の一環として市内では定期的に花植えが行われています。
先日界松本のある浅間温泉の広場でも、浅間温泉観光協会と周辺旅館の従業員の手によって花植え作業が行われました。

50年以上経った今も先人の思いを紡いでいるこの運動、とても素敵ですね。


そしてもう一つ、松本の花の魅力を感じていただける期間限定のイベントがあります。
それは「信州花フェスタ2019」です!

こちらは国内最大級の花と緑の祭典、全国都市緑化フェアのイベントであり今年は初めて長野県で、さらにメイン会場は松本市の信州スカイパークにて開催されています。

会場では色鮮やかな花と緑に触れることができ、期間限定でステージイベントなども開催されています。

松本の花の魅力を感じつつ、北アルプスを望みリフレッシュされてはいかがでしょうか。
期間は6月16日(日)までです。


新緑がまぶしい観光シーズンになった松本に、是非お越しくださいませ。

  • 界 松本スタッフ

    界 松本のスタッフが、施設の最新情報や松本の四季、周辺のイベントなどをお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE