界のうるはし現代湯治

美人の湯につかり、加賀文化にひたる

星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」は、温泉の本質を伝え、湯治文化を現代に受け継ぐことをブランドの約束とし、「うるはし現代湯治」のご提案をしています。
弱アルカリ性でとろりとした泉質が「美人の湯」とも言われている界 加賀の温泉は、浴場内に加賀伝統工芸の九谷焼や金沢名産の金箔を使用した内装で、湯船につかりながら加賀の伝統文化を存分に楽しむことができます。 加賀文化にひたる温泉滞在を堪能し、日常を忘れた寛ぎの時間をお過ごしください。

  • 1泊2日の温泉旅館滞在を通じて、温泉の成り立ちや泉質について学び、温泉入浴の効果を高める入浴法や呼吸法、国家資格者によるマッサージなど、現代の生活に適した新たな湯治文化を楽しめる「うるはし現代湯治」。2018年12月1日より、各施設で「界の湯守り」と呼ばれる湯治の知識を身に着けたスタッフが、入浴時のアドバイスはもちろん、食事や文化体験なども含めた滞在プログラムのご提案を開始します。
    「界の湯守り」についての詳細はこちら

滞在モデルスケジュール

開湯1300年を誇る加賀市山代温泉。弱アルカリ性でとろりとした泉質は体を芯まで温め、肌を引き締めてくれることから「美人の湯」とも言われています。界 加賀では、浴場内に設置された九谷焼のアートパネルを鑑賞しながら温泉を堪能できます。また、界 加賀から徒歩1分の場所にある、レトロな明治時代の外観・内装を再現した共同浴場「古総湯」への立ち寄りもお楽しみいただけます。

加賀文化にひたる

15:00 客室で一息
15:30 お茶室でお抹茶と和菓子
16:30 「温泉いろは」参加
17:00 ご入浴
*九谷焼や金箔など加賀の伝統工芸を使用したアートパネルを観賞しながら入浴

ゆったりと疲れを癒す

18:30 マッサージ
19:30 ご夕食
21:30 ご当地楽
*「加賀獅子舞」 を鑑賞
22:00 就寝前にゆっくり入浴
23:00 客室で就寝前ストレッチ

山代温泉まちあるき

6:00 大浴場前ギャラリーにて座禅
6:30 水分を補給し、山代温泉古総湯へ
*心と身体を目覚めさせる
8:00 朝食
10:00 山代温泉まちあるき
*服部神社、薬王院温泉寺、足湯入浴
12:00 チェックアウト

泉質
ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉
歴史
1300年前に行基という名の高僧が霊峰白山への修行に向かう途中、傷口を癒す烏を見つけたことにより温泉が発見されたと伝えられています。
加賀伝統工芸の内装
*九谷焼:内風呂の壁面には九谷焼のアートパネルがあり、「色絵」「青手」「赤絵」「藍九谷」という伝統的な4つの九谷焼様式で、それぞれ加賀の「春」「夏」「秋」「冬」を表現しています。
*金沢箔:露天風呂との仕切りガラスには、金箔国内生産量の9割を誇る金沢箔で加賀地方の象徴である白山が描かれています。
*加賀提灯:湯上がり処には金沢の希少伝統工芸に指定されている加賀提灯が吊るされています。

温泉いろは

湯守りが入浴法など温泉のいろはを楽しく紹介。界 加賀では、大浴場前ギャラリースペースにて、温泉の楽しみ方をガイドブックに沿ってご紹介します。また、山代温泉について歴史や泉質、界加賀より徒歩1分の距離にある古総湯の紹介、呼吸法や畳の上で行うストレッチをお教えします。

時間
16:30/18:00
※6月1日~7月12日までは16:00~1部制です
場所
大浴場前ギャラリースペース

国家資格者による界のマッサージ

温泉旅館とマッサージは古くから相性のよい組み合わせです。なぜなら、温泉で体を温めたあとにお受けいただくマッサージは、凝り固まった体をやさしくほぐし、血流を改善し、リラックスに導く効果が高いからです。マッサージを受けた後に、そのままゆるゆると客室でうたたねすることができるのも、旅先ならでは。目覚めたときには、すっきり軽くなった体を実感することでしょう。界では、確かな技術を持った国家資格者が、そのときの体調や好みに合わせた施術を行います。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

  • 加賀の伝統美を感じる

    秋のご滞在 2019
  • ミシュランガイドが評価した

    冬のずわい蟹料理
  • 界のうるはし現代湯治

    国家資格者によるマッサージ