冬の蟹会席を彩る九谷焼のご紹介

2020.10.24

 金木犀の香りがほのかに感じられる季節になりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
今回は界 加賀の冬の蟹会席を鮮やかに彩る、九谷焼についてご紹介します。

 石川県加賀市は、日本を代表する色絵磁器「九谷焼」の発祥の地です。当館ゆかりの美食家・北大路魯山人は、山代温泉に滞在した際、器がいかに料理を引き立たせるかを実感し、“まるで器から出汁がでているようだ”という言葉を残しています。
 
 冬の蟹会席を引き立てる九谷焼の一つが、石川県小松市の窯元「萠窯」さんに制作していただいた、仏手柑をモチーフにした大鉢です。仏手柑とは、柑橘の一種で、その形が「仏さまの手」を思わせるというのが名前の由来です。萠窯さんは、九谷焼作家のご夫婦で作陶されている工房です。冬の蟹会席では、この縁起の良い大胆な器が、「活け蟹のお刺身」を包み込みます。

 また、蟹会席の「焼き蟹 酢橘・活け蟹の甲羅焼き」を引き立てるのは、石川県能美市の「文吉窯」さんに制作していただいた、九谷五彩(緑・黄・紫・紺青・赤)の格子柄が特徴的な器です。文吉窯さんは、九谷の陶祖として知られる斉田道開の弟子・初代東文吉さんが明治期に開いた窯元です。シンプルなデザインの中にも、味わい深く優しい染付けを施した作品は、現代の食卓にもフィットします。

 界 加賀では、“器は料理の着物”と唱えた魯山人にならい、他にも彩り豊かな九谷焼の器を多数ご用意しています。北陸で蟹を味わいながら、九谷焼の歴史に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

  • 界 加賀スタッフ

    界 加賀のスタッフが、施設の最新情報や加賀・金沢の四季、周辺のイベントなどをお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE