界 加賀 冬の名物「活蟹のしめ縄蒸し」のご紹介

2020.10.14

いつも界 加賀のブログをご覧いただきありがとうございます。

北陸の冬の味覚の王様といえば蟹。今年も11月6日の蟹漁解禁の日が迫ってまいりました。
これに先立ちまして、今回は当館でご用意しております蟹会席をご紹介致します。

蟹会席の中でも、名物と言えば「活蟹のしめ縄蒸し」。
塩水に浸した縄を生きたままの蟹に巻きつけて蒸し上げるというダイナミックな調理法で作られた、一度食べたら忘れられない一品ございます。
縄を介して蒸し上げる事で、蟹の旨みがぎゅっと閉じ込められ、その身はふっくらと柔らかく仕上がっております。

「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」において、旅館部門で「4レッドパビリオン」(最上級の快適の中でも特に魅力的)と評価されており、その中には今回の名物料理も紹介されています。
こちらのお料理は、お一人様あたりに使用する1.5杯の蟹がすべて活蟹である「極み 活蟹づくしのタグ付き蟹会席」と、手軽にしめ縄蒸しを楽しむことができる「活ずわい蟹会席」でご用意をしております。

そして今年からは、そんな「活蟹のしめ縄蒸し」を6種類のコンディメント(つけダレ)で味の繊細な違いや変化を楽しめる「ひとり蟹会席」が新登場しました。
誰にでも気兼ねなく好きな部位から、好きな味で、好きなペースで、食べていただきたいという思いから、一口ごとの味わいが鮮明になるような工夫や、贅沢感に浸れる内容にしたひとり専用のコースとして開発されました。

ぜひ、ご家族やご友人だけでなくおひとり様でも、界 加賀の「活蟹のしめ縄蒸し」を召し上がりにいらして下さい。

  • 界 加賀スタッフ

    界 加賀のスタッフが、施設の最新情報や加賀・金沢の四季、周辺のイベントなどをお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE