界 加賀 雛飾りのご案内

2020.02.23

桃の節句も間近に迫り、長かった冬も終わりに近づいてまいりました。
さて、今回は界 加賀の雛飾りをご紹介いたします。

ただいま当館では、7段の雛飾りが玄関口を華やかに彩っています。

2015年に星野リゾート界 加賀にリブランドするまでは、当館は「白銀屋」の屋号を持つ温泉旅館でした。創業は寛永元年からと古く、玄関口からはその歴史と伝統が垣間見えます。

「枠の内」と呼ばれる豪壮な吹き抜けに、優美な加賀水引のオブジェが吊られたフロント。

そこに春の訪れを感じさせる雛飾りを、期間限定で設えております。

雛飾りは、桃の節句が終わった頃、天気の良い日にしまうのが一般的な風習です。しかしながら、白銀屋では旧暦に合わせて4月に入っても雛を飾っていました。そして雛をしまうと今度は端午の節句の飾りつけをし、その時期も過ぎれば山代で行われる祭事「菖蒲湯祭り」の設えに変える…というように、常に季節に寄り添っていました。

また金沢では加賀藩主だった前田利家が3月3日に逝去したことからしまうのを1か月遅らせる、という言い伝えもあるそうです。

界 加賀では白銀屋時代に倣い、4月3日頃まで雛を飾っております。

この機会にぜひ、賑やかな雛飾りと思い出の1枚を撮られてはいかがでしょうか。

  • 界 加賀スタッフ

    界 加賀のスタッフが、施設の最新情報や加賀・金沢の四季、周辺のイベントなどをお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE