島根の蔵元から日本酒を学ぶ

手業のひととき

界では地域の文化を継承する職人や作家、生産者の方々と連携したご当地文化体験「手業のひととき」を実施しています。界 出雲では老舗酒蔵「酒持田本店」の蔵元から、美味しい日本酒の飲み方を教わります。

「手業のひととき」とは

地域の文化を継承する職人や作家、生産者の方の希少な技を間近で見たり、一緒に行うことができるご当地文化体験です。旅先で地域の方の営みに触れると新鮮な気持ちになったり、心が豊かになる。そんな「ひととき」を全国の界でご用意しています。

日本酒発祥の地・出雲で
蔵元直伝の美味しい飲み方を知る

日本酒発祥の地と言われる島根。「手業のひととき」では、老舗酒蔵「酒持田本店」の蔵元から、神事とお酒の関係や日本酒の味わい深さを教わります。
ほんの少しの条件で味わいが変わる日本酒を知っていただくため、蔵元がおすすめする「水平飲み」、「垂直飲み」、「温度違い」といった飲み方を体験していただきます。
「酒造りは農業」と言われるほど、その地の土壌と水と人に左右される日本酒。酒米の種類、精米歩合、水、酵母など様々な要素が醸す日本酒の奥深さを知り、味わうことで次の旅先でのお酒の出逢いがより豊かなものになります。

「手業のひととき」を担当する蔵元

「酒持田本店」持田 祐輔氏

お酒の神様を祀る「佐香神社(松尾神社)」の御膝元に位置する創業明治10年の老舗酒蔵「酒持田本店」の5代目蔵元。地元の材料を使った酒造りにこだわり、140年続く出雲杜氏としての技を継承。社員7名の小さな酒蔵ながら、島根県産の酒米を自家精米し、出雲杜氏の腕によってすべて手造りで約30種の日本酒を醸している。

期間
2021年4月1日~6月25日の木・金曜日
時間
宿泊初日16:00~17:30または18:00~19:30
場所
界 出雲「日本酒BAR」
料金
1名 3,000円(税込み)
定員
1回各6名 *1名より実施
予約
7日前までにWEBより要予約
  • 事前に宿泊予約(プラン予約)が必要となります。
  • 宿泊予約後、予約確認ページより「手業のひととき」をお申込ください。

モデルスケジュール

1日目

15:00:チェックイン
16:00:手業のひととき
     蔵元から教わる美味しい日本酒の飲み方
17:30:旬の食材を使った会席料理
20:00:禊風呂セット(お酒と塩)で客室露天風呂を満喫
21:15:ご当地楽
    神様を迎えて舞う伝統芸能「神楽」を体験
21:30:36種の地酒から選ぶ飲み比べセット(有料)

2日目

8:00:ご当地朝食
12:00:チェックアウト「酒持田本店」にて酒蔵見学

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

  • 星野リゾート 界が考える3密回避の滞在

    最高水準のコロナ対策宣言
  • 出雲周遊

    ご縁参りの旅
  • 水の都・松江の涼旅

    夏のご滞在 2021