日本の涼を楽しむ

夏のご滞在 2018

「美肌の湯」と言われる玉造温泉。界 出雲では、夏の暑い時期でも温泉を楽しめる工夫がいろいろ。小泉八雲の怪談や、生姜のかき氷。夏ならではの滞在をご提案いたします。
実施期間:2018年6月1日~8月31日

暑さを忘れる夏の夜の怪談

松江は小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)ゆかりの地。彼は日本人の妻から聞いた各地に伝わる伝説や幽霊話に独自の解釈を加え、情緒豊かな文学作品『怪談』として蘇らせました。なかでも有名な「耳なし芳一」と「雪女」の怪談を、「小泉八雲の夜咄」として界 出雲で雰囲気たっぷりに朗読します。怪談の故郷として知られる松江で、夏の暑さを忘れる夜のひとときをお過ごしください。

期間
2018年7月1日~8月31日
時間
20:30~20:45
場所
館内中庭(雨天時ロビー)

界 出雲オリジナル生姜シロップのかき氷

出雲大社のある出雲市の特産品、生姜。この生姜をシロップに使った界 出雲のオリジナルかき氷が登場します。生姜の絞り汁と砂糖を煮詰めたシロップは、甘さの中に生姜の爽やかな香りとピリッとした辛さが残り、暑い夏にぴったりの味です。

期間
2018年7月14日~8月31日
料金
無料
場所
館内中庭(雨天時ロビー)

のどぐろとしじみ牛しゃぶを味わう夏の特別会席

旬の食材を贅沢な食べ方でご提案する特別会席。夏は「白身のトロ」と言われるのどぐろと、宍道湖名産と言われるしじみで出汁をとった「しじみ牛しゃぶ」の会席料理をご用意いたします。鰻と同じく夏バテ予防に良いとされているしじみには「土用しじみ」という言葉もあるほど。滋味あふれるスープで夏の暑さに疲れた身体をいたわります。

※2018年度の受付は終了しました。


松江の夏の夜を彩る宍道湖花火大会

松江の夏を彩る「松江水郷祭」。その中で開催される「松江水郷湖上花火大会」は宍道湖の美しい湖面を活かした西日本最大級の花火大会として有名で、一晩で約1万発の花火を打ち上げます。2隻の舟から次々と打ち上げられるスターマインや尺玉が湖面に鮮やかな色を映し出し、幻想的な夜を演出します。

開催期間
2018年8月3日~5日(花火大会は4日)
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

  • 島根の花を楽しむ

    春のご滞在 2019
  • 出雲周遊

    ご縁参りの旅
  • 界のうるはし現代湯治

    国家資格者によるマッサージ