松葉がに、解禁しました!

2020.12.03

今回は山陰の冬の味覚、「松葉がに」についてご紹介します!

松葉がにとは山陰沖で獲れる雄のズワイガニの呼び名で、暖流と寒流がぶつかり合うプランクトンが豊富な海域で育った蟹は、ぎっしり詰まった身と上品な甘みが特長です。
11月上旬に漁が始まり、界 出雲では品質が保証されたタグ付きの松葉がにをご用意しています。

食べ方は蒸し、焼き、刺身など様々あり、それぞれ違った風味と食感をお楽しみいただけます。
中でも目玉は界 出雲オリジナルの「奉納蒸し」です。
出雲大社で奉納するときの形を模して、奉書で包み、しめ縄を添えた姿は写真映えすること間違いなしです!
杉板で挟んで蒸しあげているため、ほんのりと杉の香りも合わさって、食欲も刺激されます。

また、お料理と合わせたお酒のペアリングセットもご用意しており、様々な蟹の楽しみ方をお試しいただけます!

今年の冬は少し贅沢をして、お気に入りの蟹の食べ方を見つけてみませんか?

  • 界 出雲スタッフ

    界 出雲のスタッフが、施設の最新情報や出雲の四季、周辺のイベントなどをお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE