甘酒「姫しゃか」の提供9月よりスタート

2019.09.06

界 出雲では9月1日より「姫しゃか」がスタートしています。

島根県では毎年秋になると五穀豊穣に感謝する秋祭りなどで、奉納神楽が盛んに行われています。
界 出雲でも毎夜、出雲神話の「ヤマタノオロチ」を題材にした石見神楽の演目「大蛇」を披露しております。

この演目の中ではヤマタノオロチを退治するために、クシナダ姫がお酒をかき混ぜて造る場面があります。
酒造りの起源ともされているその場面を見ながら、「姫しゃか」をお召し上がりいただくのはいかがでしょうか?

白い甘酒とイチゴのフルーツソースを「しゃかしゃか」と音を立ててかき混ぜると、いちごの食感が残るピンクのかわいい甘酒ができあがります。

神楽の一場面に、自分も参加したような気分になります。この機会に、伝統芸能をより一層身近に感じてみるのも楽しいかもしれません。

  • 界 出雲スタッフ

    界 出雲のスタッフが、施設の最新情報や出雲の四季、周辺のイベントなどをお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE