2018年12月21日リニューアルオープン

伊豆の花の魅力に触れる 冬のご滞在 2018-2019

「星野リゾート 界 伊東」は大浴場やロビー、客室を改装し2018年12月21日にリニューアルオープンします。自家源泉を含む4本の源泉を引き、毎分600リットル が湧き出す豊富な湯を、館内の至る所でより一層お楽しみいただける宿に生まれ変わります。全30室の客室は、地域の伝統工芸などを取り入れた「伊豆花暦の間」となり、伊豆の自然の情景や四季のうつりかわりを表現した客室になります。
また、星野リゾートで初めて誕生する8名定員の「特別和室」は、広々としたリビングルームに2つのベッドルームをそなえた、三世代旅行におすすめの客室です。大切なご家族との思い出作りに、星野リゾート 界 伊東でのご滞在はいかがでしょうか。

温泉づくし花暦の宿

「花暦」とは、月ごとに咲く代表的な花を並べた暦のことで、古くより中国で使われていました。日本には江戸時代に伝来し、俳句の歳時記に取り入れられ、月ごとにうつり変わる花、草、木などの季節感や自然との関わりを楽しむものとして、人々の暮らしに浸透してきました。
植物の開花時期は地域によって異なるため、各地域に花暦があると言われています。伊豆地方は年中温暖な気候が特徴で、年間を通して多くの植物を楽しむことができ、この地域ならではの季節を彩る花暦があります。界 伊東は、花の名所の温泉旅館にふさわしく、季節のうつりかわりを館内で楽しめるようなしつらえを随所に施し、お客様をお迎えいたします。

伊豆の花暦

河津桜・菜の花・椿・つつじ
あじさい・みかんの花・花菖蒲
すすき・いそぎく・コスモス
寒椿・水仙・梅・熱海桜

客室内でお楽しみいただける花暦

木漏れ日行灯

客室に入って、まず最初にお客様をお迎えするのは、伊豆の四季の花々を描いた「木漏れ日行灯」。木漏れ日のように柔らかな光が描くシルエットは、伊豆の四季を彩る草花たち。季節ごとに異なるモチーフをあしらい、ここでも四季を感じることができます。

花暦スクリーン

客室にしつらえた「花暦スクリーン」は、伊豆に生育する椿や河津桜、藍などの植物で染め上げた糸を1本ずつ丁寧に機織り機で織り上げて作られました。四季折々の草花が織りなす繊細な色の変化は、慌ただしい日常の中でつい忘れがちな自然の営みを、私たちに感じさせてくれます。


三世代がともに寛げる「特別和室」

星野リゾートで初めて、家族、特に三世代家族のご旅行におすすめの8人定員のお部屋が誕生します。家族全員でゆったりと寛げるリビングルームと2つのベッドルームをそなえ、リビングルームの中央には伊豆稲取地方の伝統工芸「つるし飾り」と、つるし飾りをモチーフにした巨大なクッションを配し、お子様が客室内で遊べる空間となります。皆で過ごす時間を大切にしながらも、寝室では各々のスタイルでゆっくりとお寛ぎいただけます。
大切なご家族と過ごす旅の思い出づくりに、おすすめの客室です。


二種の出汁で味わう「山海鍋」

伊勢海老・鮑・金目鯛の三大美味を味わい尽くす界 伊東の特別会席。今冬は、リニューアルオープンに合わせて、新たな台の物「山海鍋」が登場します。椿をあしらった界 伊東オリジナルの鍋でお召し上がりいただくのは、伊勢海老やマグロ節でとった出汁で金目鯛や季節の野菜を味わう海の鍋と、昆布出汁でさっぱりと牛肉を楽しむ山の鍋です。1つの鍋で、山海の恵みをそれぞれ楽しむことができる、贅を尽くした一品です。

料金
27,100円~(サ税込/2名1室利用時のお一人様あたり)

一足早い春の訪れ「河津桜」

温暖な気候で、年間を通して様々な花が咲き誇る伊豆。なかでも有名なのが河津桜です。河津町で発見され、この名がついたといわれている早咲きの河津桜は、例年2月上旬より開花が始まり約1ヵ月間花見が楽しめます。ライトアップされた夜桜もおすすめです。

・河津桜まつり
例年2月上旬~3月上旬

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

  • 2018年12月21日

    リニューアルオープン
  • 伊東花旅

    伊豆・伊東を彩る 秋冬の花旅
  • 界のうるはし現代湯治

    国家資格者によるマッサージ