箱根の梅雨を満喫する

あじさい尽くし滞在

初夏に見頃を迎える箱根を代表する花といえば「あじさい」です。この時期は、箱根エリアの各所で色とりどりのあじさいを楽しむことが出来ます。 近隣のあじさい鑑賞スポットだけでなく、ご滞在中も初夏の風物詩「あじさい」をゆっくりとご堪能いただける、おすすめの過ごし方をご紹介いたします。

梅雨を満喫する「あじさい尽くし滞在」

初夏の箱根では、多くの場所で「あじさい」をご覧いただくことができ、塔ノ沢エリアにある阿弥陀寺は「あじさい寺」、箱根登山電車は「あじさい電車」の愛称で親しまれています。界 箱根では、近隣のあじさい鑑賞スポットを楽しむとともに、宿でも旅情が途切れることなくあじさいをお楽しみいただける特別な滞在プランをご用意いたしました。

期間
2021年6月12日~7月4日
料金
56,250円~
予約
1日1組2名様限定
*宿泊の10日前までに専用プランよりご予約ください

あじさいを満喫する客室

界 箱根に一室しかない「箱根寄木の間 せせらぎ縁台付き和室」は、地域の文化を存分に感じられる「界」のご当地部屋のひとつです。箱根寄木細工を用いて客室をしつらえています。客室の窓先から須雲川に迫る縁台を囲むようにあじさいが花開き、川のせせらぎとともに、目の前に望む湯坂山の眺めと合わせてご堪能いただけます。

あじさいのおもてなし

客室には、あじさいと箱根寄木細工の掛け軸をしつらえた茶室があります。この茶室にて、あじさいを模した練り切りを抹茶とともにご用意いたします。甘味だけでなく、こだわりの箱根寄木細工の甘味盆と抹茶椀も合わせてお楽しみください。

界のご当地かき氷

色鮮やかな青紫色のあじさいを、ゼリーやシロップで表現した界 箱根のオリジナルかき氷「あじさいかき氷」をご用意いたします。

梅雨を彩るクラフト体験

箱根寄木細工とあじさいの花びらや花弁を組み合わせて作る「アクセサリーキット」をご用意いたします。箱根寄木細工の工房「露木木工所」と作成したオリジナルのズク(木を寄せ合わせた模様のブロックを薄く削ったもの)と、あじさいのパーツを組み合わせて、浴衣に合わせたかんざしやピアスなど夏らしいアクセサリーづくりをお楽しみください。

スタッフおすすめの周辺あじさいスポット

住職の琵琶演奏も素敵な「あじさい寺」

塔ノ沢エリアにある阿弥陀寺は、「あじさい寺」と呼ばれ人々に親しまれており、幕末の皇女・和宮様の香華院(御位牌をお祀りする寺)としても知られています。今のご住職が自ら手植えした、という約3,000株のあじさいが参道から本堂まで両側に咲き誇る姿は圧巻です。また、ご住職の法話の中では、琵琶の演奏を聴くこともできます。日本琵琶楽コンクールで優勝した経験のある住職の素敵な演奏は、もうひとつの楽しみです。

あじさいの見頃
6月中旬~7月中旬
※気候により、開花時期は異なります
アクセス
界 箱根からタクシーで約20分
詳細
・見学自由
・琵琶演奏は要予約
※阿弥陀寺へ直接ご連絡下さい。

スタッフおすすめポイント
『本堂には沢山の琵琶が並んでおり、ご住職に訊ねると「こちらは国宝級の琵琶でございます」とのこと。ご住職、水野さんの演奏は、大勢の人が聴きにくるのも納得の素晴らしいものでした。あじさいを見に行くだけでなく、ぜひ琵琶の演奏を聴きに足を運んでみてください。』

あじさいと初夏を感じに箱根神社へ

奈良時代に創建し、1,200年以上の歴史を持つ「箱根神社」。鎌倉幕府の祈願所だったことから関東総鎮守として尊崇されてきた名社であり、パワースポットとしても知られています。この箱根神社から芦ノ湖畔までの歩道沿いには、見事に咲き誇るあじさいが。縁結びの神様がいる「九頭龍神社」の月次祭(毎月13日)に合わせて訪れるのもお勧めです。

あじさいの見頃
6月中旬~7月中旬
※気候により、開花時期は異なります
アクセス
箱根登山バス 元箱根から徒歩約10分、界 箱根から車で約30分

スタッフおすすめポイント
『あじさいと芦ノ湖の見事な絶景、また参道の大きな杉並木も迫力があります。石段を一歩ずつのぼりながら、凛とした空気が漂う雰囲気に思わず背筋がのびます。そして、階段をのぼりきると見事な本殿。さすが箱根随一のパワースポットです。そして、干支のお守りは箱根の伝統工芸、寄木細工でできていました!お土産にもきっと喜ばれると思います。』
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

  • 星野リゾート 界が考える3密回避の滞在

    最高水準のコロナ対策宣言
  • ~近すぎて見えなかった地元を再発見~

    界のマイクロツーリズム
  • こんな時だからこそ、温泉旅館で仕事しよう

    温泉テレワークのすすめ