冬の日光を満喫

東京から宿直通 無料送迎バス

世界遺産の「日光東照宮」、冬の自然美に触れることができる中禅寺湖や華厳の滝、雪見温泉など、冬ならではの魅力いっぱいの日光エリア。界 日光では、冬季限定で東京発着の宿直通無料送迎バスを運行いたします。ぜひこの機会に冬の栃木を存分にお楽しみください。

東京から界 日光直通 冬季無料送迎バス

東京から界 日光へ向かう場合、公共交通を利用すると電車(特急または新幹線)と路線バスの乗り継ぎが必要ですが、冬季無料送迎バスでは東京駅周辺を出発し、界 日光まで直接お越しいただけます。また、往復ともに途中で日光東照宮エリアを経由し、ご自由に乗降車できますので、ご宿泊前後に世界遺産めぐりもお楽しみいただけます。

運行期間
2019年12月1日宿泊~2020年3月31日宿泊
※運行除外日:2019年12月28日宿泊~2020年1月4日宿泊
※宿泊施設が休館中の場合、バスは経由いたしません。
料金
宿泊者無料
※外来利用のお客様のご予約はお受けしておりません。
予約方法
事前予約制(先着順)
※ご希望の方は下記専用サイトからご予約していただくか
界予約センター(TEL 0570-073-011)へお電話にてご連絡ください。
※ご宿泊のご予約後にお申し込みいただけます。
予約受付締切
宿泊日2日前20:00まで
※受付締切時点で予約がない場合、バス運行を中止いたします。
※無料送迎バスは満席になり次第、予約受付を終了いたします。ご利用希望のお客様はお早めにご予約ください。
運行スケジュール(予定)
<往路>
11:20 東京駅八重洲口鍛冶橋駐車場出発
14:00 日光東照宮着(乗降車自由)
14:05 日光東照宮発
 ※日光東照宮乗降車場所:冨士屋観光センター
14:35 界 日光到着
<復路>
15:30 界 日光出発
16:00 日光東照宮着 (乗降車自由)
16:05 日光東照宮発
 ※日光東照宮乗降車場所:冨士屋観光センター
18:45 東京駅周辺到着
 ※復路の東京駅到着場所は道路状況により変わる場合がございます。

  • 天候や道路状況により運行スケジュールは前後する場合がございます。
  • 途中サービスエリアでの小休憩を予定しております。
  • バス内での飲食は可能ですが、周りのお客様のご迷惑にならない範囲でお願いいたします。
  • バス内は全席禁煙です。
  • 往路で日光東照宮で降車される場合、日光東照宮から界 日光までのご移動は公共交通機関をご利用ください。
  • 復路で日光東照宮から乗車される場合、界 日光から日光東照宮までのご移動は公共交通機関をご利用ください。
  • 天候や事故などにより乗車場所までの公共交通機関が遅延した場合も、バスは定刻で出発いたします。各地乗車場所には時間に余裕を持ってお越しください。
  • 恐れ入りますが、ペットを連れてのご乗車はご遠慮いただいております。
  • バスのトランクルームのスペースは限られております。大きな荷物のお持ち込み(自転車等)は、現地でお預かり、または車内へのお持ち込みをお断りする場合がございます。事前のご郵送をお願いいたします。
  • バス乗務員は荷物の積み込みをお手伝いすることがありますが、車内・トランクでの破損、紛失、盗難等の責任は負いかねます。貴重品は安全を期してお客様ご自身にて保管・管理をお願いいたします。
  • 界 日光

    界 日光 冬のおすすめ

    中禅寺湖や男体山など、豊かな自然に囲まれ国立公園にも指定されている栃木県・奥日光。色鮮やかな紅葉の名所として有名なこの地ですが、冬は一面に白銀世界が広がり、雪を冠った日光連山を背景に中禅寺湖の幻想的な絶景が広がります。組子ライブラリーから眺める中禅寺湖は一見の価値ありです。

宇都宮駅から界 川治・界 鬼怒川直通
冬季無料送迎バス運行

界 日光と同じ、栃木県内に展開する界 鬼怒川・界 川治では、JR宇都宮駅から宿直通の冬季限定無料送迎バスを運行いたします。新幹線との併用で、東京方面からも仙台方面からもスムーズにお越しいただけます。また、東武鉄道鬼怒川温泉駅を経由しますので、東武鉄道をご利用の方もご乗車でき、復路では日光東照宮エリアを経由し、宿泊後に世界遺産めぐりや宇都宮での周辺観光もお楽しみいただけます。

  • 界 川治

    界 川治 冬のおすすめ

    川治温泉郷の渓流沿い佇む温泉旅館。長屋門をくぐり進むと、重厚な音を立てて回転する水車がお出迎え。四季折々に表情を変える自然の美しさと、里山ならではの温かい風情が漂います。冬には1,000個のミニかまくらが灯る「湯西川かまくら祭り」や、館内のロビーや露天風呂灯る「ひょうたんランプ」など、この季節ならではの滞在をお楽しみください。

  • 界 鬼怒川

    界 鬼怒川 冬のおすすめ

    とちぎ民藝が光る木漏れ日の湯宿。鬼怒川渓流沿いの自然豊かな森の中に佇み、客室や館内各所に、益子焼や黒羽藍染、大谷石など、とちぎの素朴な民藝をモダンに散りばめました。名湯鬼怒川温泉で冬ならでは滞在をお過ごしください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

  • 色づく秋を感じる旅

    Vol.1 食欲の秋を彩るオリジナルスイーツ
  • 色づく秋を感じる旅

    Vol.2 紅葉に酔いしれる温泉旅
  • 色づく秋を感じる旅

    Vol.3 ご当地のお酒で実りの秋を感じる