2019-2020・冬のごほうび温泉旅

ご当地の縁起物にあやかる開運旅

全国に展開する温泉旅館ブランド「界」では、2020年がよりよいものとなることを願って「界の開運旅2020」を提案します。全国10施設にて、「手まり」「カルデラ」「山椒」など、ご当地の縁起物に着目し、開運につながるプランです。パワースポットを訪れる旅も楽しいですが、自身が興味あるモノに触れて、ご当地ならではの体験を楽しんでいるうちに運気を切り開くことができる、そんな開運旅はいかがですか。

【界 松本】幸運手招く「松本手まり尽くし開運旅」

松本の奥座敷・浅間温泉に佇むモダンな温泉旅館「界 松本」では、幸運を手招く松本手まり尽くしの開運旅を提案します。松本を代表する伝統工芸品の松本手まりは、「幸運を手招く」という意味を連想させることから、縁起物として今に受け継がれています。手まり型の器を使った会席料理や手まり模様のワイングラスに注いだワイン、手まり柄のお菓子や手まり柄の水引アクセサリーなど、見た目にも華やかで可愛らしい「松本手まり」で幸運を手招くことができます。

【界 アンジン】海の浄化作用で心身を調えて運を切り開く「開運滞在」

オーシャンビューの温泉宿「界 アンジン」では、2020年が素晴らしいものとなることを願い、相模湾に面して建つ立地を生かして海のパワーを受け、その浄化作用で心身を調えて運を切り開くプランが登場します。海のめぐみである塩は、古来、邪気払いやお浄めのために使われてきました。最上階のサンブエナデッキを貸し切り、さまざまな形のボトルから好みのものを選んで、カラフルな塩とマリン調のチャームを思い思いに詰め合わせて、オリジナルの「塩守り」を作ります。

【界 遠州】お茶・ふぐ・うなぎで縁起を担ぐ「開運うなぎのぼり滞在」

静岡県浜松市の舘山寺温泉に位置する温泉旅館「界 遠州」では、縁起物である「ふぐ」と「うなぎ」を味わう特別会席「ふぐうな会席」と、浜松で活躍した3人の武将(今川義元、徳川家康、井伊直虎)をイメージした茶器、お茶、お菓子を選定した「戦国武将お茶セット」を用意します。令和初めての冬に、縁起を担ぐお茶と食事をいただくことで、新しい時代を切り開き、飛躍へと導きます。

【界 津軽】縁起のよい「もどこ」に囲まれて過ごす「開運こぎんステイ」

南津軽・大鰐に位置する青森県の温泉旅館「界 津軽」では、津軽地方の伝統的な刺し子・こぎん刺しの縁起の良い模様「開運もどこ(模様)」で、部屋をほっこりした空間に演出します。開運もどこを施したラッキーカラーにちなんだお守り袋を選び、オリジナルのお守り作りも楽しめます。

【界 阿蘇】阿蘇のカルデラでパワーチャージ「開運カルデラ滞在」

阿蘇くじゅう国立公園に佇む温泉旅館「界 阿蘇」では、新年の始まりに合わせて、阿蘇のカルデラでパワーをチャージし、大自然が持つ地エネルギーのご利益に預かって運を切り開くプランを提案します。朝に行う絶景を眺めながらの「カルデラ体操」、阿蘇の噴火で流れ出した溶岩を使ったアイテムを身に着け、湯上がりには天然水でリフレッシュをし、阿蘇のめぐみを存分に感じられます。

【界 箱根】箱根寄木細工で喜びを寄せて開運を招く「寄喜(よせぎ)の開運滞在」

箱根神社、九頭龍神社、大観山など、パワースポットが点在する箱根は、江戸時代、東海道を行き交う旅人たちの難所とされ、「東海道の天下の剣(けん)」と言われていました。箱根の伝統工芸品、寄木細工には喜びを寄せて開運を招くパワーがある、とも言われていることから、界 箱根では「寄喜(よせぎ)」という文字で表現しました。寄木をテーマに、運気を引き寄せる体験ができます。

【界 伊東】運盛り和菓子と桜茶で「家族みんなにツキを呼び込む開運旅」

新しい年にちなんで、伊豆で縁起物として親しまれている「運盛り和菓子」や「桜」にまつわる体験ができます。8名まで一緒に泊まれる三世代旅行にぴったりな特別和室に泊まり、和菓子職人の手ほどきを受けながら和菓子を作ったり、「花開く」というおめでたい意味からお祝いの席で飲まれる桜茶を囲み「開運お茶会」を楽しんだり、旅先で家族仲良く楽しくツキを呼び込めます。

【界 日光】山椒づくしで三勝を勝ち取る「日光開運プラン」

日光開山の地として知られる二荒山神社中宮祠は、勝負の神様を祀っているため歴代の武将が参拝に訪れた、といわれています。境内には大きな山椒の木があることから「山椒」が「三勝」と転じて、現在でも多くの参拝者が三勝(己・人生・勝負)を求めて集まります。 二荒山神社中宮祠の山椒の木にちなんだ体験を通して運気をアップさせ、武者絵と宝槌が設置された「開運部屋」に泊まり、さらに勝負運をあげて1年の好スタートをきります。

【界 仙石原】絵馬をキャンバスに見立て願いを込める「開運アート滞在」

絵馬は、神様や仏様に祈願、またはお礼参りの為に奉納する物ですが、その形や色の意味を学んだ後に色付けします。客室露天風呂に浸かって大涌谷温泉の湯で身も心を清めながら自身の願いを絵馬に描き足したら完成。完成した絵馬は、より運を招くように、縁起の良い開運柄が描かれたオリジナルの袱紗(ふくさ)に包み、自身で神社に奉納します。この冬は、自身の願いをアートで表現する体験をしてみませんか。

【界 加賀】加賀伝統の和菓子で福を呼ぶ「縁起菓子ステイ」

加賀藩藩主の前田家の家紋である剣梅鉢を型取った縁起菓子「福梅」を、新春に食べる習慣が古くからある石川県。福梅に加えて、おみくじが入った遊び菓子「辻占」など梅や開運にちなんだ縁起菓子を、梅酒スパークリングや梅昆布茶とともにご用意します。館内の水引の設えや、厄払いのご当地楽(がく)「獅子舞」とあわせて、長年親しまれてきた加賀文化を楽しむことができます。

2019-2020年、「星野リゾート 界」がおくる冬のお楽しみは、他にもございます。

関連する記事

  • 2019-2020・冬のごほうび温泉旅

    寒くなったら鍋料理「界のご当地鍋」
  • 2019-2020・冬のごほうび温泉旅

    ご当地の縁起物にあやかる開運旅
  • 2019-2020・冬のごほうび温泉旅

    温泉旅館でいちご滞在