宿場町 箱根湯本と雄大な自然が広がる 仙石原

箱根エリアで2つの界をめぐる

箱根・仙石原エリアに位置する「星野リゾート 界 仙石原」が2018年7月に開業。標高約700メートル の仙石原高原の雄大な自然に抱かれた、全室露天風呂付きの温泉旅館です。宿のテーマは「アトリエ温泉旅館」。アートを鑑賞するものではなく、表現するものと捉え、様々な手法や材料で表現していきます。また、箱根湯本エリアには「星野リゾート 界 箱根」もあり、それぞれの施設で泉質の異なる温泉を楽しみ、地域文化・伝統工芸品に触れることができます。 2つの「界」をめぐり、異なる箱根の魅力を存分に満喫しませんか。

界 仙石原(神奈川県・仙石原温泉)

白濁の湯で楽しむ光の水庭と四季の移ろい

大涌谷から引いた白濁した湯面に映り込む箱根の四季。大浴場からは、桜やもみじなどの木立が織りなす四季折々の景観を眺めながら湯浴みを楽しめます。また、内風呂には「あつ湯」と「ぬる湯」の2種類の湯船を用意しており、短時間の入浴で肌は滑らかになり身体をしっかりと温めます。

温泉の特徴
源泉名
大涌谷温泉
特徴
乳白色
泉質
酸性-カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉
内なる表現欲と出会う「アトリエ温泉旅館」

界 仙石原では、お客様にも創作体験をしていただけるご当地楽をご用意しております。アートを観賞するのではなく体現することをテーマに、アーティストの作品や客室から見える景色などから得たインスピレーションを、自由に表現していきます。アトリエライブラリーでは、約2000本の色鉛筆の中から好きな色を選び、スケッチブックにアートを表現したり、アートや建築に関わる本が置かれ、自由に手に取ることができます。

アートと自然に包まれる露天風呂付き客室

国内外12名のアーティストが集結し、創作活動を行った「アーティスト イン レジデンス 箱根仙石原」。その期間中にアーティストが滞在し、感じたインスピレーションから制作された作品を客室に展示しています。また、仙石原の大自然を見渡せる大きな窓と大涌谷温泉の露天風呂を全室に備え、目前の景色を眺めることができます。アーティストの息づかいを感じながらゆったりとおくつろぎください。

ポーラ美術館

豊かな自然に包まれた、スタイリッシュな建物の美術館。19世紀後半の印象派からエコール・ド・パリ時代の作品を中心に収蔵されており、ルノワール、モネ、ピカソなど世界的に有名な画家の作品が常設展示されています。敷地内には森の遊歩道もあり、樹々や花を愛でながら散策が楽しめます。

箱根湿生花園

箱根湿生花園は、湿原をはじめとして川や湖沼などの水湿地に生育している植物を中心にした植物園です。 園内には低地から高山まで、日本の各地に点在している湿地帯の植物200種のほか、草原や林、高山植物 1100種が集められ、その他、珍しい外国の山草も含め、約1700種の植物が四季折々に花を咲かせています。

箱根彫刻の森美術館

1969年に開館した、日本初の野外美術館(オープンエアーミュージアム)。箱根の山々が望める7万m²の庭園に、近・現代を代表する彫刻家の名作約120点が常設展示されています。世界有数のピカソのコレクションや、子供も触れることの出来るアート作品などもあり、思い思いにアートを楽しんでいただけます。


界 箱根(神奈川県・箱根湯本温泉)

半露天の湯面に映える箱根の四季

界 箱根の大浴場は、壁一面が抜けた半露天。古代檜の湯船からは、目の前に広がる箱根の四季や刻々と変わる湯坂山や須雲川の表情を愛でることができます。川のせせらぎだけが聞こえる静けさのなか、さらさらと肌にやさしい温泉で心からやすらぐひとときをお過ごしください。

源泉名
須雲川温泉
特徴
無色透明
泉質
ナトリウム-塩化物泉
「寄木CHAYA」で職人の技に触れる

界 箱根のロビーラウンジは、夜になると寄木細工のルーツを知ることができる「寄木CHAYA」へと変身。寄木が誕生した際の逸話や作業工程の秘密を紙芝居で楽しくご紹介します。また、江戸の昔に東海道を行き交う旅人たちが立ち寄ったという「峠の茶屋」をイメージし、箱根ならではの季節のお飲み物などを寄木細工の器でご提供いたします。その他にも、季節により内容が変わる寄木細工を使ったクラフト体験も開催しており、箱根の豊かな自然がはぐくんだ寄木細工を、ご滞在を通して存分にお楽しみいただけます。

客室から望む須雲川の清流

目の前には湯坂山を、眼下には須雲川を。全ての客室からは美しい箱根の四季を眺められます。ローソファとベッドを備えた開放的な和室。最上階からの景色を望める広々とした洋室。箱根の自然の懐に抱かれて、日常を忘れる時間をお楽しみください。

箱根神社

1200年以上の歴史を持つ「箱根神社」。関東総鎮守として尊崇されてきた名社であり、パワースポットとしても知られています。近くには恋愛成就に効くという「九頭龍神社」も。毎月行われる月次祭(つきなみさい)に合わせて訪れお参りというのも、良い思い出になりそうです。

箱根旧街道

旧東海道に残る石畳は、延宝8(1680)年に江戸幕府が敷設したもの。現在は畑宿から芦ノ湖畔まで往時の石畳が保存整備され、ここを歩いた多くの先人達の足音と息使いが色濃く残る、風情ある道です。ハイカーが多い場所ですが、全てを歩かず森林浴を兼ねて訪れるのもお勧めです。


箱根にある2つの界

界 仙石原は御殿場ICから車で約20分、または強羅駅から車で約15分。界 箱根は箱根湯本駅から車で約5分。いずれも周辺には見どころがいっぱいです。2つの界をめぐりながら、箱根を存分にお楽しみください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

  • 2019-2020・冬のごほうび温泉旅

    Vol.1 寒さが増すごとに食べたくなる鍋料理「界のご当地鍋」
  • 2019-2020・冬のごほうび温泉旅

    ご当地の縁起物にあやかる開運旅
  • ~花見行李をたずさえて~

    2020年春、界14施設で「乙な花見旅」開催