色づく秋を感じる旅

Vol.3 ご当地のお酒で実りの秋を感じる

この秋は界でご当地のワインや地酒をゆっくり楽しみながら、実りの秋を感じてみませんか。 日本ワインの先進地・長野県にある界 松本では、希少な日本ワインの新種、和ヌーヴォーを、 日本酒発祥の地・島根県にある界 出雲では、32種もの地酒をとりそろえています。

「秋の楽しみ方」の連載、第3回目は「ご当地のお酒で実りの秋を感じる」がテーマです。

【界 松本】日本ワインの新酒「和ヌーヴォー」でほろ酔い逗留

界 松本では、ヌーヴォー(新酒)がリリースされる 11月の 2 週間限定で、「和ヌーヴォーでほろ酔い逗留」プランを提供します。日本ワインの先進地として知られる桔梗ヶ原産のヌーヴォーを客室にご用意いたします。伝統工芸の木曽漆器で作られたオリジナルグラス、木曽檜のワインクーラーとおつまみセットと共に露天風呂とゆったりとしたテラス付きの客室でお楽しみいただけます。夜はヌーヴォー誕生までの映像を見ながら 3 種類の桔梗が丘産のヌーヴォーをテイスティングすることができるアクティビティをご用意しています。

【界 出雲】日本酒発祥の地で32の地酒を味わう「日本酒BAR」

島根県は日本酒発祥の地と言われる酒処です。界 出雲「日本酒 BAR」には、島根県内の酒蔵から取り揃えた地酒が並びます。目玉は、出雲神話「ヤマタノオロチ」に登場する日本酒を再現して作られた「八塩折(やしおり)の酒」。特殊な仕込みで醸造量が少なく、希少価値の高い日本酒を地元の窯元で焼かれたお猪口で堪能することができます。界 出雲オリジナルデザインの勾玉テーブルや、ずらりと並んだ酒樽、迫力の大蛇のしつらえが神話の国・出雲を演出します。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
色づく秋を感じる旅
  • Vol.4 温泉旅館で過ごす七五三
  • Vol.2 紅葉に酔いしれる温泉旅
  • Vol.1 食欲の秋を彩るオリジナルスイーツ
  • Vol.3 ご当地のお酒で実りの秋を感じる