冬のご当地楽

2020.11.29

二十四節気「小雪(しょうせつ)」が過ぎ、いよいよ本格的な冬の訪れが目前となりました。界 遠州の冬のご当地楽は「島田のお茶を味わい尽くす 静岡利き茶体験」。ここ界 遠州では地域の魅力を季節ごとにテーマを変え、お茶の催し物をご提供しています。こちらはお茶の知識が学べ、テイスティングも堪能していただけます。

この冬は、新たな取り組みとして島田市茶業振興協会と連携し、より地域に目を向けることにこだわっています。静岡県の地域の一つである「島田市」。そのブランドである金谷茶、川根茶、島田茶の3種類を順番に飲み比べ、お茶を当てる利き茶体験をご用意しています。味わいや香りの違いをぜひ五感を研ぎ澄ませてお楽しみください。ゲーム感覚も併せつつ旅の醍醐味である、旅先でおいしい物と出会う楽しさを満喫したり、地元の方にとっては地域の魅力を再発見していただけるかもしれません。

今回いままで以上に地域に目を向けた内容にこだわりをもっているのも、実は今世間をにぎわせているコロナウィルスの影響も大きなきっかけです。コロナ禍で、お茶の消費低迷が顕著に起こっている現状があり、島田市のお茶と星野リゾート 界 遠州のおもてなしのコラボレーションが実現しました。今後も、界 遠州をはじめ星野リゾートでは、コロナ禍の食品に関わる課題に積極的に取り組んで参ります。

  • 界 遠州スタッフ

    界 遠州のスタッフが、施設の最新情報や浜名湖の四季、周辺のイベントなどをお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE