密にならない遠州手筒花火

2020.11.04

すっかり夏も過ぎ去り、冬の訪れを感じる季節となりましたが、皆さまは体調おかわりなくお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。今年は新型コロナウイルスの影響で、夏にやり残したことがある方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そこで皆様に大変嬉しいお話です。

界 遠州では、今年全国的にほとんど見る機会がなかった花火を目の前で披露いたします。また花火といっても打ち上げ花火ではなく、遠州地方に江戸時代から伝わる「手筒花火」をご用意しております。手筒花火とは、火薬を詰める吹上式の手持ち花火で、時に10数メートルの火柱が上がります。立ち上る炎やふりかかる火の粉を目の前に、しっかり竹筒を支える花火師も見どころの一つです。

そんな迫力満点の手筒花火を、館内お庭の「つむぎ茶畑」で披露します。花火鑑賞にあたり、心配である「密集」を避けつつ、皆さまに手筒花火をお楽しみいただけるよう対策を徹底してまいります。空気が澄んだ時期だからこそ、舞う火の粉、勇壮たる炎の舞がより美しく見れること間違いありません。

地元の育んできた文化、風土にあらためて触れ、この地の良さに酔いしれるひとときを過ごすことができます。ぜひこの機会に界 遠州でステキな思い出をつくってみてはいかがでしょうか。

<日程>
2021年2月14日、28日、3月14日、28日(計4日間)

  • 界 遠州スタッフ

    界 遠州のスタッフが、施設の最新情報や浜名湖の四季、周辺のイベントなどをお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE