界 遠州 冬の茶畑

2020.01.30

大寒の候、寒さの厳しい日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

界 遠州のつむぎ茶畑では、お茶の若木たちが冷たく強い風に耐えながら春の息吹を待ちわびています。日の出の遅いこの時期は、ぜひ朝の茶畑に、足を踏み入れてみてください。

陽が昇りきる前の柔らかい日差しを感じながら、早朝の冷たく澄んだ空気をからだに取り込めば、すっきりと目覚めの良い朝を迎えられるはずです。

茶畑の向こうにある浜名湖も冬の装いを見せてくれます。

静岡県西部に吹きつける強い風は「遠州のからっ風」と呼ばれ、冬の風物詩とされています。この強い北風の影響で、普段は穏やかな浜名湖の水面も、白波を立てて華やかな姿へと変わります。

まもなく立春を迎え、温暖な浜松はたくさんの花に彩られ、寒さに耐え忍んだ茶の木たちものびのびと育っていくことでしょう。

どうぞ、ご宿泊の際は、界 遠州の冬ならではの表情をお楽しみください。

  • 界 遠州スタッフ

    界 遠州のスタッフが、施設の最新情報や浜名湖の四季、周辺のイベントなどをお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE