天高く香る うめおちゃけ

2019.12.10

師走に入り、寒さも本格的になってまいりました。
界 遠州が位置する浜松市では、冬の名物でもある「遠州のからっ風」と呼ばれる乾いた風を感じます。

前回のブログにて「遠州開運滞在」のご紹介をいたしました。

今回は、遠州開運滞在でお楽しみいただける夜の催し、「天高く香る うめおちゃけ」を紹介いたします。

界 遠州では、お茶とお酒を掛け合わせたものを「おちゃけ」と名付け、お客様に振舞っています。

徳川家康公を筆頭に浜松城から多くの大名が出世していったことから、浜松城は「出世城」の異名を持ちます。

出世城「浜松酒造」でつくられる天神蔵仕込みの梅酒を使い、徳川家康公ゆかりの本山茶を合わせたのが「うめおちゃけ」です。

梅の甘い香りが天にふわっと昇っていくのと同時に、皆様の運気も上がっていくことを願いながらご用意いたします。

後を引くお茶のさわやかさをお楽しみいただける1杯です。

ご宿泊の際にはぜひお召し上がりください。

  • 界 遠州スタッフ

    界 遠州のスタッフが、施設の最新情報や浜名湖の四季、周辺のイベントなどをお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE