その地、その季節の食を味わい尽くす

その地、その季節の食を味わい尽くす

「界」では、季節や地域はもちろん、
素材・調理法にこだわったお食事をご用意しています。
その土地でしか味わえない、
海の幸、山の幸をご堪能ください。

  • 海の幸を楽しむ
  • 山の幸を楽しむ

海の幸を楽しむ

活松葉がにの奉納蒸し

杉板で挟んだ蟹を奉書で包んで蒸し上げるという独創的な一品。やわらかな塩気がほんのりと杉の香りを纏い、ダイナミックかつ上品な味わいです。神々への奉納をイメージしたしめ縄の演出も、出雲ならでは。

界 出雲(島根県・玉造温泉)

伊勢海老で華やぐ特別会席

伊勢海老・鮑・金目鯛という、海の贅沢な三大美味をご堪能いただける特別会席。素材の味をそのまま楽しめる伊勢海老のお造りと鮑の踊り焼き。椿蒸し、炊き込み御飯、鍋など、季節に合ったお料理でいただく金目鯛。伊東の旅が、より華やかになります。

界 伊東(静岡県・伊東温泉)

鮑の氷しゃぶしゃぶ

夏に旬を迎え、身も太くなる鮑。ハーブの香るお湯にくぐらせ、2種類の冷製出汁でいただく爽やかな一品です。見た目も涼しげな、青森の夏の贅をお楽しみください。

界 津軽(青森県・大鰐温泉)

大間のマグロ

黒いダイヤと呼ばれる最高峰のマグロの赤身、中トロを使用し、ストレートな美味しさを味わうお造り、とろける旨さの握り寿司を心ゆくまでご堪能ください。

界 津軽(青森県・大鰐温泉)

冬の味覚の王様 とらふぐ

じつは日本屈指の漁獲量を誇る遠州灘のとらふぐ。ひれ酒、てっさ、から揚げ、てっちりなど、とらふぐをたっぷりと堪能できるふぐづくしのコースです。

界 遠州(静岡県・舘山寺温泉)

活蟹のしめ縄蒸し

海水に浸した縄を蟹に巻きつけて蒸し上げるという、一度見たら忘れられないダイナミックな料理。蟹の旨味をぎゅっと閉じ込め、その身はふっくらと柔らかく仕上がった一品。ミシュランガイド富山・石川にも紹介された、冬の界 加賀を象徴するお料理です。

界 加賀(石川県・山代温泉)

和風ブイヤベース

その日に仕入れた8種類前後の新鮮な魚をじっくりと炊き込み、仕上げに味噌を加えた和風仕立てのブイヤベースをご用意しています。伊勢海老、金目鯛、あさりなど、出汁の旨み、魚の旨みを存分に味わえる一品です。

界 アンジン(静岡県・伊東温泉)

山の幸を楽しむ

和牛と猪の味噌土手鍋会席

柔らかな肉質の牛肉と里山ならではの猪肉を、栃木県らしい味噌仕立てで提供します。味噌で煮込むことで、和牛と猪肉のコクと旨味が全体に沁み渡ります。

界 川治(栃木県・川治温泉)

トマトすき焼き

トマトと和牛をふんだんに使用した「トマトすき焼き」。トマトのほどよい酸味、玉ねぎの甘み、やわらかな和牛の旨みが絶妙なハーモニーを奏でます。あたたかい温泉卵にからめて食べるのがおすすめの、界 阿蘇の名物料理です。

界 阿蘇(大分県・瀬の本温泉)

ワインすき鍋

甘辛い割り下に、適度な酸味と渋みのある赤ワインを合わせて、茸など季節の野菜と牛肉をお召し上がりいただきます。ワインとのマリアージュを楽しむワイン好きのための会席料理です。

界 松本(長野県・浅間温泉)

日光湯波のミルフィーユしゃぶしゃぶ

日光を代表する名物“日光湯波”。京都の“湯葉”とは異なり、2つ折りにして引き上げるためボリュームがあり、さまざまな食べ方があるのが日光湯波の特徴です。

界 日光(栃木県・中禅寺温泉)

明治の牛鍋

明治時代、文明開化とともに始まったと言われる牛鍋を再現し、かつ新しい手法でその味を進化させました。牛肉を味噌仕立てにし、肉の旨みと野菜の甘みを引き出した一品。

界 箱根(神奈川県・箱根湯本温泉)

龍神鍋

牛肉や野菜のほか、干瓢、巻湯波など、季節感とご当地らしさを感じられる食材が入った鍋に、熱く焼けた石を。ぐつぐつと湯が沸き立つ様子は、龍神伝説の荒ぶる龍神をイメージ。

界 鬼怒川(栃木県・鬼怒川温泉)

雪鍋

鍋にふんわりと乗せた綿あめに、割り下をかけてお召し上がりいただく「雪鍋」。すっと綿あめが消えるその様子は、アルプスの山々の雪どけをイメージしています。旬の野菜とお肉で、目でも楽しい鍋料理をお楽しみください。

界 アルプス(長野県・大町温泉)

雲丹と牛のすき鍋

箱根は山の幸はもちろんのこと、相模湾や小田原の海の幸が味わえるエリアです。界 仙石原では山海の幸をふんだんに堪能する「雲丹と牛のすき鍋」をご用意。甘辛く味付けされた割下と濃厚なウニの甘味が口いっぱいに広がる贅を尽くした会席です。

界 仙石原(神奈川県・仙石原温泉)