館内の内装は、商業空間のデザインを数多く手掛けている設計事務所スーパーポテトがデザインしました。 界 アンジンのインテリアは、海や船にまつわるアートが取り入れられ、上質な雰囲気に仕上がりました。客室や食事処など、多様な素材からなるアートピースが随所に使用され、館内をめぐるのが楽しくなります。

滞在を彩るアートワーク

船材集積アート

三浦半島で活躍していた船のパーツを組み合わせたオブジェ。間近で見ると、舵(かじ)や櫂(かい)など、船の面影を感じることができます。サンブエナデッキやロビー、客室でご覧いただけます。

波モチーフオブジェ

エントランスを入ると一番に目につく、素焼きのオブジェ。波をイメージして配置された南伊豆在住の作家・渡辺隆之氏の作品です。朝の光と夜の照明により、背景の土壁にそれぞれ異なる影ができ、印象が変わります。

客室パーテーション

玄関を入ると、海の景色と共に目に入る、様々な素材できたパーテーション。オーシャンビュースイートタイプには、重厚な木材、ツインとダブルタイプには日本家屋の建具が組み合わされてできており、1つとして同じものがありません。

食事処のパーテーション

半個室タイプの食事処は古書やカラーアクリル、ワイヤー、段ボール、染布など、15種類もの素材でできたパーテーションで構成されています。路地をイメージして設計された通路を歩くと、多彩なデザインのパーテーションが目を楽しませてくれます。