夜桜散歩滞在のご紹介

2020.02.06

2月3日の節分が過ぎ、春の気配が近づいてきておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

節分とは、本来季節が移り変わる日を指し、立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれ前日のことを示しております。
そして江戸時代以降は新年がはじまる立春こそが最も尊いとされ、その前日を節分ということが増えたといわれています。(諸説あるそうです)

さて、今回はそんな春のご滞在についてご紹介いたします。

界 アンジンでは「夜桜散歩滞在」というプログラムをご用意いたしました。

こちらでは、当館の名前の由来となりました三浦按針が楽しんだであろう花見を再現します。界 アンジンの横には松川という川が流れており、スタッフがこの伊豆地域の歴史の話を交えながら、川沿いの夜桜へとご案内いたします。夜桜鑑賞を楽しんでいただいた後は、客室にご用意している「花見行季」で設えたティーセットで温かいお紅茶をお召し上がりいただけます。

「青い目のサムライ」こと三浦按針に思いを馳せながら、この伊東の春を界アンジンでお楽しみくださいませ。

期間:3月15日~3月31日
定員:1日1組
料金:1泊2食付 お一人様あたり29,000円~
※2名1室利用時1名あたり、サービス料込・税別

  • 界 アンジンスタッフ

    界 アンジンのスタッフが、施設の最新情報や伊豆・伊東の四季、周辺のイベントなどをお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE