信州の春の恵みに触れる

春のご滞在 2020

長い冬が終わり、あたたかな陽射しの下、雪解けとともに一斉に花開く信州の春。界 アルプスでは春の恵みに触れる、季節ならではの過ごし方をご提案しています。桃の節句や花見旅など、信州の田舎を体感する春のご滞在をお楽しみください。
実施期間:2020年3月1日~5月31日

桃の節句を祝う「アルプスひな祭り」

界 アルプスではお子様の成長を願う「アルプスひな祭り」を行います。信州では、紙で作ったひな人形を川に流す「流し雛」や手作りの「つるし雛」で桃の節句を祝う風習が残っており、その風習にちなんだ春限定のプランです。

※当プランの受付は終了いたしました

雪の残る中庭で「流し雛」

流し雛とは、紙で作った 雛 人形を川に流し、子供の無病息災を願ったとされる日本古来の伝統行事です。本プランでは、地元大町の伝統工芸 ・ 松崎和紙で雛人形を作ります。完成した後は、春色の着物に着替えて 敷地内にある小川に雛人形を流します。

雁木通りを彩る「つるし雛」

桃の節句の期間中は、かわいらしい「つるし雛」が界 アルプスの雁木通りを彩ります。 つるし雛は、流し雛と同じく子どもの健やかな成長を願い、家族や親族が人形や縁起物の細工などをひとつひとつ丁寧につるしたものです。信州でも春の風物詩として親しまれています。

小川のほとりでお茶会

庭の小川のほとりに特別な席を設け、地元和菓子屋の練り切りや、雛あられ、甘酒を楽みながら、桃の節句を祝います。

※当プランの受付は終了いたしました

  • 流し雛の際の着物のお貸出しは、未就学のお子様のみが対象となります。着付けはスタッフが行います。

行李を持って「絶景りんごお花見」

りんごの花が咲く1 週間限定で、りんご農園に、りんごの花を間近に見られる特別な花見席を設えます。残雪の北アルプスの山々とりんごの可憐な花の両方を楽しむことができます。お花見のお供には、りんごのお菓子やお茶を詰めた行李をご用意いたします。りんご農家さんと一緒に摘花体験もできます。

※当プランの受付は終了いたしました


春山の恵みで心と身体を解きほぐす母娘旅「信州すっきり滞在」

界 アルプスでは、春の山の恵みを取り入れて心身を整える「信州すっきり滞在プラン」をご用意しました。春山の恵みである山菜を摘みに出かけたり、朝陽を見ながらのストレッチや深呼吸で新鮮な空気を身体に取り込みます。日頃の感謝の気持ちを込めて、母の日のプレゼント旅行としてもおすすめです。

※当プランの受付は終了いたしました

アルプスに春の訪れを告げる「雪の大谷」

立山黒部アルペンルートの春の風物詩「雪の大谷」。高い時で約20mの雪壁がお迎えしてくれます。迫力の雪壁の間をバスが通り抜けていきます。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

  • 星野リゾート 界が考える3密回避の滞在

    最高水準のコロナ対策宣言
  • 雲の上の絶景

    立山黒部アルペンルート
  • 北アルプスの自然の恵みに触れる

    夏のご滞在 2020