ご予約はこちら

予約する

ご当地部屋

界 津軽

  • ご当地部屋に使われている伝統工芸品について
  • この部屋を予約する
  • 施設ページへ

界 津軽

宮崎萌(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

室町時代に衣服の強度と保温性を高める工夫として生まれた伝統工芸・津軽こぎん刺しは、その美しい幾何学模様が特徴。「津軽こぎんの間」は、こぎん模様を現代の生活にモダンデザインとして取り入れるkoginアーティスト・山端家昌氏とのコラボレーションにより誕生しました。こぎん障子や壁掛け、テーブルランナーなど、伝統的な作品から洗練された置物まで様々なkoginが室内を彩ります。

宮崎萌(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

施設マップへ戻る

界 川治

  • ご当地部屋に使われている伝統工芸品について
  • この部屋を予約する
  • 施設ページへ

界 川治

戸田悠(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

栃木県鹿沼地方で栽培されている「野州麻(やしゅうあさ)」。この伝統的な麻を使った新しい工芸品の伝承活動を続けている麻紙職人の麻紙と和心地が融合したご当地部屋「野州麻紙(やしゅうまし)の間」をご提案いたします。

戸田悠(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

施設マップへ戻る

界 鬼怒川

  • ご当地部屋に使われている伝統工芸品について
  • この部屋を予約する
  • 施設ページへ

界 鬼怒川

五月女ゆり(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

栃木を代表する暮らしに根づいた伝統工芸“民藝”に光を当てた「とちぎ民藝の間」。民藝とは、日常的に使われる工芸品を指す造語で、高級な美術品ではなく名もなき職人たちが作る日用品の中にこそ美しさ(用の美)があると言う意味です。益子焼、黒羽藍染、大谷石など、現代的にアレンジされたとちぎ民藝の魅力をお楽しみください。

五月女ゆり(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

施設マップへ戻る

界 日光

  • ご当地部屋に使われている伝統工芸品について
  • この部屋を予約する
  • 施設ページへ

界 日光

宮里真奈美(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

日光東照宮を初めとする社寺を中心に発展した文化のひとつである伝統工芸「鹿沼組子(かぬまくみこ)」。モダンなベッドのある和心地なお部屋に繊細な鹿沼組子の障子や掛け軸などが美しく映えたお部屋になりました。お部屋には自分で組子のコースターを作ることが出来るキットもご用意しておりますので、ぜひ職人の技を体感してください。

宮里真奈美(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

施設マップへ戻る

界 箱根

  • ご当地部屋に使われている伝統工芸品について
  • この部屋を予約する
  • 施設ページへ

遠藤雅子(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

箱根寄木細工の伝統を守りながらも革新的な作品を制作する職人親子とのコラボレーションで誕生した部屋です。ダイナミックなデザインが施された「寄木細工の机」は堂々の存在感!この部屋に暮すように滞在して欲しいという願いが込められた、ぬくもりのある空間。水屋に並ぶ様々な茶器にもぜひご注目ください。

遠藤雅子(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

界 箱根

施設マップへ戻る

界 熱海

  • ご当地部屋に使われている伝統工芸品について
  • この部屋を予約する
  • 施設ページへ

界 熱海

塩野入 紗也(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

熱海は、今も250名余りの芸者が活躍する芸妓文化の街です。 界熱海ではこの芸妓の文化と歴史をご体感いただきたく、「熱海芸妓の間」をご用意いたしました。熱海芸妓にまつわるこだわりの品々で芸妓気分を味わっていただき、芸妓の舞や、お座敷遊びをお楽しみください。

塩野入 紗也(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

施設マップへ戻る

界 伊東

  • ご当地部屋に使われている伝統工芸品について
  • この部屋を予約する
  • 施設ページへ

界 伊東

島崎さやか(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

伊豆に古くから伝わる風習を現代に残そうという想いから誕生した「つるし飾り 椿の間」。スタッフも飾り作りを習い、伊東の花である椿のモチーフやガラス玉を使って現代的なアレンジを加えました。生椿オイルやツバキ科の植物から作った紅茶など、椿を感じるアイテムもご用意。

島崎さやか(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

施設マップへ戻る

界 松本

  • ご当地部屋に使われている伝統工芸品について
  • この部屋を予約する
  • 施設ページへ

界 松本

野沢明日香(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

松本は音楽とクラフトの街。界松本のご当地部屋では、音楽とクラフトの融合を目指して、シックな大人の夜更けを演出いたします。アンプまで手作りの低音が響く特製のスピーカーから流れるジャズを聴きながら、作品のほのかな灯りと、ゆったりと流れるときをお楽しみください。

野沢明日香(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

施設マップへ戻る

界 遠州

  • ご当地部屋に使われている伝統工芸品について
  • この部屋を予約する
  • 施設ページへ

界 遠州

田中和輝(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

地元の伝統工芸「遠州綿紬(めんつむぎ)」は、江戸時代からの製法を受け継ぎ、8つの工程から生み出される色鮮やかな縞模様と独特の風合いが特徴です。界 遠州のご当地部屋では、職人技のおりなす遠州綿紬の鮮やかさ、柔らかさ、そしてぬくもりに包まれるご滞在を提案しています。

田中和輝(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

施設マップへ戻る

界 加賀

  • ご当地部屋に使われている伝統工芸品について
  • この部屋を予約する
  • 施設ページへ

界 加賀

柿沼瞳(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

全室ローベッドとソファを配置した快適空間に、加賀水引や加賀友禅などの伝統工芸をちりばめた「加賀伝統工芸の間」。九谷焼の茶器で香ばしい加賀棒茶を味わい、山中漆器の壁掛けに加賀の歴史と文化を感じるひととき。障子にあしらった加賀水引が上品なかがやきを放ち、ベッドルームでは加賀友禅の絵柄をモチーフにしたパネルがおやすみ前の時間を優雅に彩ります。

柿沼瞳(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

施設マップへ戻る

界 出雲

  • ご当地部屋に使われている伝統工芸品について
  • この部屋を予約する
  • 施設ページへ

界 出雲

木村文香(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

若手職人集団「シマネRプロダクト」とのコラボで実現した世界にひとつだけの部屋です。優しい光と影をおとすのは「組子細工」の照明と「石州和紙」が使われた襖や障子。夜には幻想的な「出雲鍛造」の行灯が加わる他、茶器やグラスなどにも匠の技が散りばめられています。

木村文香(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

施設マップへ戻る

界 阿蘇

  • この部屋を予約する
  • 施設ページへ

界 阿蘇

武井優希(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

界 阿蘇は阿蘇くじゅう国立公園内に位置しており、阿蘇五岳に囲まれた広大なカルデラが魅力です。この阿蘇の大自然を身近に感じていただけるのが、「カルデラの間」です。天然の鉱物を豊富に含む溶岩を使ったテーブルやディフューザーなど、阿蘇の大地のぬくもりをお届けします。

武井優希(ご当地部屋プロジェクトリーダー)

ページの先頭へ戻る