旬のいちごを堪能し、とちぎ民藝で温まる

冬のご滞在 2017-2018

都内から電車・車で約2時間。温泉地として人気が高く、世界遺産や有名景勝地にも近い栃木県・鬼怒川温泉。とちぎ民藝の魅力を発信する「界 鬼怒川」ではこの冬、いちご王国・栃木を堪能する「民藝いちご滞在プラン」と、和の灯かりで冬の夜を彩る「大谷石灯り」が誕生します。また、冬季限定でJR宇都宮駅と鬼怒川温泉駅からの無料送迎バスも運行いたします。
実施期間:2017年12月1日~2018年2月28日

冬の庭を灯す催し「大谷石灯り」開催

この冬、界 鬼怒川では、栃木県の銘石「大谷石(おおやいし)」を使った灯りで中庭や大浴場露天風呂を温かく照らす「大谷石灯り」を開催します。大谷石は栃木県大谷町付近で採掘される石材で、柔らかく加工しやすい性質を持つため、江戸時代から建築資材として使われてきました。大谷石は素朴で温かみのある独特の風合いが特徴で、耐火性にも優れることから、最近ではランプシェードなどのインテリア照明にも使われています。界 鬼怒川では、中庭の遊歩道や大浴場の露天風呂に大谷石を使った灯りをしつらえ、幻想的な空間を演出します。大谷石が持つ温かみを生かした和のイルミネーションです。

開催日時
2017年12月1日~2018年2月28日 17:00~23:00
場所
中庭/大浴場露天風呂
料金
無料
予約
不要

益子焼と黒羽藍染の灯籠道

大浴場へと続く回廊には「益子焼と黒羽藍染の灯籠」が並びます。民藝とは「民衆的工藝」の略で、陶磁器や染色品、木工家具など、毎日の衣食住に直接必要な品々をいいます。民藝運動の創始者である柳宗悦は、「毎日使う実用品にこそ美しさがある」と考え、これを「用の美」と表現しました。界 鬼怒川では、この「用の美」の精神を現代へ伝える、伝統工芸や民藝品を創り続ける地元作家とコラボレーションし、機能性と美しさを兼ね備えた、とちぎ民藝の魅力を発信します。益子焼は伝統的製法に則りながらも、釉薬の可能性に魅了された萩原芳典氏の作品。黒羽藍染は伝統的手法を守りながら、スニーカーをはじめ、現代の暮らしに合う藍染を創り続ける小沼雄大氏の作品。2人の職人が手掛けた灯籠が放つ「用の美」の世界をお楽しみください。

開催日時
2017年12月1日~2018年2月28日 17:00~23:00
料金
無料
予約
不要

温泉露天風呂付客室で寛ぐ「雪見風呂」

界 鬼怒川の温泉露天風呂付客室では、四季折々の風景をご覧いただきながら、名湯鬼怒川温泉の湯浴みをお楽しみいただけます。冬季の降雪時にだけ体験できる「雪見風呂」は格別です。

いちご王国・栃木を堪能する「民藝いちご滞在プラン」誕生

1973年から48年連続でいちご生産量日本一を誇る、いちご王国・栃木県。界 鬼怒川では、益子焼や鹿沼木工などのとちぎ民藝で味わう「いちご3種食べ比べ」、スタッフが厳選した6種類のいちごスイーツを楽しむ「いちご用の美セット」、いちごの香りに癒される「大谷石のアロマストーン」など、栃木の民藝品に触れ、旬のいちごを楽しむ「民藝いちご滞在プラン」が誕生します。

宿泊期間
2017年12月1日~2018年2月28日
※除外日:12月29日~1月3日
料金
1泊2食付き30,000円~(2名1室利用時1名料金税サ込)
予約
ご宿泊日3日前まで
1日1室2名様限定
モデルスケジュール
【1日目】
15:00 チェックイン
15:30 「いちご3種食べ比べ」体験
    ~栃木が誇るいちご3種を味わう~
17:30 夕食
    ~お食事の最後は苺のデザートを楽しむ~
19:30 「いちご用の美セット」体験
    ~お休み前にいちごスイーツで語らい~
22:00 「大谷石のアロマストーン」体験
    ~いちごの香りでリラックス~
【2日目】
8:00 朝食
   ~いちごのドリンクで爽やかな目覚めを~
12:00 チェックアウト

「いちご王国 栃木」で楽しむ冬のいちご狩り

いちご王国・栃木を満喫できるいちご狩り体験付プラン。日光ストロベリーパークは界 鬼怒川から車で約20分、東京や宇都宮方面に帰る途中で立ち寄れるので、鬼怒川・日光エリアの観光といちご狩りの両方をお楽しみいただけます。ハウスの中は温暖で、冬でもコートが要らないほどの温かさ。今シーズンはおなじみの「とちおとめ」をはじめ、新品種のプレミアムいちご「スカイベリー」や人気が高い「紅ほっぺ」、「やよいひめ」の4種類を栽培しています。甘酸っぱい香りが漂うハウスの中で、栃木県が誇る真っ赤で甘いいちごをご堪能ください。

期間
2017年12月上旬~2018年6月上旬
※定休日:火曜日(祝祭日の場合には営業します)
料金
大人1,500円~、子供1,000円~
※料金は時期によって変動します
※大人:小学生以上/子供:3才以上~小学生未満 (3才未満は無料です)
予約
事前予約制
アクセス
界 鬼怒川より車で約20分

栃木の味噌文化を味わう特別会席
「味噌牛しゃぶ会席」

界 鬼怒川では、栃木ならではの味噌を贅沢に使用した「味噌牛しゃぶ会席」を提供します。栃木の特産物として、湯波や干瓢(かんぴょう)などが挙げられますが、実は味噌づくりも盛んな土地柄です。醸造に適した気候風土を生かし、昔ながらの醸造方法でコクや甘みの豊かな味噌が仕上がります。オリジナルのたれは、数種類の味噌を調合し、すりおろした玉ねぎと合わせて作った味噌だれを用意。コクと甘みのあるたれに、旨みのある野菜や和牛をからめて食べる一品を楽しめます。

料金
1泊2食付30,000円~(2名1室利用時の1名料金、税サ込)
予約
ご宿泊日5日前まで

宇都宮駅から界 鬼怒川・界 川治直通
冬季限定無料送迎バス運行

界 鬼怒川と界 川治では、昨冬大変ご好評いただいたJR宇都宮駅からの宿直通無料送迎バスをこの冬も運行いたします。新幹線との併用で、東京方面からも仙台方面からもスムーズにお越しいただけます。また、今年は新たに東武鉄道鬼怒川温泉駅を経由しますので、東武鉄道をご利用の方もご乗車できるようになりました。復路では日光東照宮エリアを経由するため、宿泊後に世界遺産めぐりや周辺観光もお楽しみいただけます。是非この機会に、日光東照宮の国宝「陽明門」の公開に沸く栃木旅へお出かけください。

運行期間
2017年12月1日宿泊~2018年3月31日宿泊
※運行除外日:2017年12月29日宿泊~2018年1月3日宿泊
※いずれかの施設が休館時は、その施設にはバスは経由いたしません
料金
宿泊者無料
※外来利用のお客様のご予約はお受けしておりません
予約
事前予約制(予約受付締切:宿泊日4日前20:00まで)
ご希望の方は界予約センター(TEL 0570-073-011)へお電話ください

湯西川温泉かまくら祭り

壇ノ浦の戦に敗れた平家が隠れ住んだという、平家落人伝説の残る美しい温泉郷・湯西川温泉。毎冬の風物詩となっているのが、約1000個のかまくらが並ぶ「湯西川温泉かまくら祭り」。歴史文化夜景遺産にも認定されたこの光景は、1年でもこの期間だけのお楽しみです。日中はかまくらバーベキューなどの雪遊びもお楽しみいただけます。

開催期間
2017年1月28日 ~ 2018年3月5日
開催時間
メイン会場 9:00~21:00
ミニかまくら点灯 17:30~21:00
アクセス
界 鬼怒川より車で約40分
  • 界 鬼怒川から湯西川温泉かまくら祭り会場のご移動は、自家用車または公共交通をご利用ください。界 鬼怒川からの送迎はございません。
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

  • 東京から新幹線で50分
    宇都宮駅発冬期無料送迎バス
  • 界 鬼怒川

    とちぎ民藝を現代に伝える人々
  • 四季折々の彩りを楽しむ

    界 鬼怒川の中庭