いにしえの神話の世界に浸る

神話滞在

古くより神々が宿る地とされ、多くの日本神話の舞台となっている島根県。界 出雲ではご宿泊を通して神話の世界に浸っていただく「神話滞在プラン」をご用意しています。いにしえの神々の世界にふれる非日常のひとときをお過ごしいただけます。

神話の世界を再現する影絵と行燈

お泊まりのお部屋には、出雲鍛造で神話を描いた行燈と、神話をモチーフとした影絵が登場。行燈は「シマネRプロダクト」の小藤宗相氏、影絵の制作は地元・出雲を拠点として活動している切り絵作家カジタミキ氏によるもの。八雲や因幡の白兎など、切り絵とは思えない細かいデザインで出雲神話の世界を神秘的に映し出します。

現代芸術家 カジタミキ

幼い頃から育まれた感性を元に、自然と人の調和、隔たりや畏怖の念を元に切り絵を制作するペーパーアーティスト。2015年にYumi Katsura パリコレ"GRORIOUS RIMPA"アクセサリー装飾に切り絵を提供し、テレビ番組にて取り上げられ、全国から注目を集める。
▼ウェブサイトはこちら

出雲鍛造 鍛冶工房弘光 小藤宗相

砂鉄が採掘される出雲地方では古くから鍛冶業が盛んに行われています。小藤宗相氏は江戸時代から十代続く刀剣鍛錬の技法を継承するとともに、鉄による新しいスタイルの工芸品を制作。上品で繊細な作風には定評があります。
▼ウェブサイトはこちら


神話を知るゆったり読書タイム

お部屋とトラベルライブラリーには、島根県の神話に関する本をご用意。神話を知った後の温泉街散策や夜の神楽鑑賞、影絵はより深い味わいに。露天風呂付客室でゆったり過ごす時間のお供にどうぞ。


神様に捧げる舞「神楽」を鑑賞

毎夜、界 出雲のスタッフが舞う島根の伝統芸能「石見神楽」。神様に捧げるための舞が起源となり、地域ごとに特徴があります。界 出雲で披露する演目は日本神話の中でも有名な「大蛇(オロチ)」。迫力の舞を、鑑賞しやすい前方のお席でご案内いたします。


神様とのご縁をより強くする「神饌朝食」

翌朝の朝食には「神饌朝食」をご用意します。古来、神饌で最も重んじられてきた三つの要素「米・塩・水」のほか、川魚・海魚、野菜・海草、水鳥・野鳥といった神饌の要素を忠実に再現しました。神様と同じ食事をいただくことで、神様とご縁を結び、新たなパワーを授かるのを祈願します。心と体を整えつつ、しっかりとご満足いただける献立です。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

  • 幸せを呼ぶ開運旅

    冬のご滞在 2017-2018
  • 冬のごちそう

    松葉がにを味わう
  • いにしえの神話の世界に浸る

    神話滞在