栃木を楽しむ

日光の観光名所をめぐる
無料周遊バス「日光 界めぐり号」運行

栃木県・日光市内に展開する3つの温泉旅館、界 日光、界 鬼怒川、界 川治では、2017年6月3日から9月15日までの期間、 界3施設に加え、東武日光駅や「明智平(あけちだいら)」「華厳の滝」など、主要最寄駅と奥日光の人気の観光スポットをつなぐ宿泊者専用の無料周遊バス「日光 界めぐり号」を1日1往復運行します。東武日光駅から各宿へのアクセスが便利になるだけでなく、距離が離れた複数の観光スポットを周遊しやすくなります。

奥日光の人気観光スポットをめぐる無料周遊バス

宿泊者専用の日光 界めぐり号は、界 川治から、界 鬼怒川と東武日光駅を経由し、終点の界 日光までの区間を1日1往復運行します。上り便(界 川治発、界 日光行き)では、途中、奥日光の人気観光スポット「明智平」と「華厳の滝」に立ち寄ります。日光 界めぐり号をご利用いただくことで、効率的に2つ以上の観光エリアをめぐる周遊旅をお楽しみいただけます。

【周遊バス 運行区間】

【Point1】宿までの移動&宿泊前後の周辺観光に便利

日光 界めぐり号は、3つの宿と東武日光駅をつなぎます。東武日光駅は日光観光の拠点となる駅なので、宿泊前後に日光東照宮をはじめとする世界遺産エリアや、日光湯波や日光彫といった日光名物を販売するお土産店にもお立ち寄りいただけます。

【Point2】奥日光の観光を手ぶらで満喫

上り便(界 川治発、界 日光行き)では、奥日光を代表する景勝地「明智平」と「華厳の滝」に立ち寄ります。通常、界 川治や界 鬼怒川から奥日光へアクセスする場合、電車や路線バスの乗り継ぎが必要になりますが、日光 界めぐり号をご利用いただくと、各宿から乗り継ぎなしでアクセスできます。また、この2つの観光スポットを見学している間、宿泊の荷物はバスに預けられるため、手ぶらで奥日光観光をお楽しみいただけます。

【Point3】界にご宿泊の方は無料で乗車可能

日光 界めぐり号は、界 日光、界 川治、界 鬼怒川に宿泊の方が無料でご利用いただけます。1泊目に界 鬼怒川、または、界 川治、2泊目に界 日光という順番で連泊していただくと、日光市内の主要な観光地である鬼怒川・川治エリア、世界遺産エリア、奥日光エリアを効率的に周遊でき、大変おすすめです。

運行期間
2017年6月3日(土)~2017年9月15日(金)まで
※運行除外日:2017年7月15日~17日、8月5日、6日、10日~16日、19日、20日、26日、27日、休館日
料金
無料
※界 鬼怒川、界 川治、界 日光の宿泊者のみご利用いただけます。
予約方法
事前予約制(先着順)
ご希望の方は、界予約センター(TEL 0570-073-011)へお電話ください。
ご予約の際には、当日の連絡先(携帯電話)をお知らせください。
受付締切
乗車日の4日前 20:00まで
※満席になり次第、予約受付を終了します。先着順につき、お早めにご予約ください。
運行スケジュール(予定)
<上り>界 川治発~界 日光行
10:00 界 川治発 (始点)
10:25 界 鬼怒川発
11:05 東武日光駅発 (※乗降車場所は下部をご覧ください)
11:45 明智平着、自由観光(40分間)
12:25 明智平発
12:35 華厳の滝着、自由観光(60分間)
13:35 華厳の滝発
13:40 界 日光着 (終点)

<下り>界 日光発~界 川治行
13:55 界 日光発 (始点)
14:40 東武日光駅発 (※乗降車場所は下部をご覧ください)
15:20 界 鬼怒川発
15:40 界 川治着 (終点)
  • 天候や道路状況により運行スケジュールは前後する場合がございます。
  • バスは定刻で出発します。天候や事故などにより公共交通機関が遅延した場合も定刻出発しますので、各地乗車場所には時間に余裕を持ってお越しください。
  • 明智平と華厳の滝では自由観光の時間が設けられていますが、必ず出発時間までにバスへお戻りください。
  • 界 鬼怒川・界 川治から界 日光へ転泊される方で、上り便で東武日光駅で下車し周辺観光される場合、東武日光駅から界 日光までのご移動は公共交通機関をご利用ください。
  • 界 日光から界 鬼怒川・界 川治へ転泊される方で、下り便で東武日光駅で下車し周辺観光される場合、東武日光駅から界 鬼怒川・界川治までのご移動は公共交通機関をご利用ください。
  • バス内は全席禁煙となります。
  • バス内での飲食は可能ですが、周りのお客様のご迷惑にならない範囲でお願いします。
  • 恐れ入りますが、ペットを連れてのご乗車は出来かねます。
  • バスのトランクルームのスペースは限られております。大きな荷物のお持ち込み(自転車等)は、現地でお預かり、または車内へのお持ち込みをお断りする場合がございます。事前にご郵送いただきますようお願い致します。
  • バス乗務員は荷物の積み込みをお手伝いすることがありますが、車内・トランクでの破損、紛失、盗難等の責任は負いかねます。貴重品は安全を期してお客様ご自身にて保管・管理をお願いします。

日光 界めぐり号でめぐる
おすすめ周遊旅モデルコース

日光 界めぐり号を利用して、日光の人気観光スポットをたっぷり楽しめるモデルコース(一例)をご紹介します。

1日目のスケジュール

9:30  東武鉄道・浅草駅発
11:16 東武鉄道・東武日光駅着
    世界遺産めぐり、昼食
14:40 日光 界めぐり号乗車、東武日光駅発
15:20 界 鬼怒川着、チェックイン
16:00 温泉 新緑を眺めながら露天風呂を満喫
17:30 夕食 界 鬼怒川名物の龍神鍋に舌鼓
21:00 ご当地楽 益子焼の陶琴で奏でる演奏会を鑑賞

東武日光駅に着いたら、宿泊前に世界遺産めぐりへ。2017年3月に公開された日光東照宮の国宝「陽明門」は必見です。途中、ランチ休憩も挟みながら世界遺産の二社一寺を参拝しましょう。世界遺産めぐりの後は、東武日光駅から日光 界めぐり号を利用すれば、宿泊施設へ直行できます。界 鬼怒川では宿名物「龍神鍋」や、館内に散りばめられたモダンなとちぎ民藝をお楽しみください。

2日目のスケジュール

8:00  朝食
10:15 チェックアウト
10:25 界 鬼怒川発
11:45 明智平着、自由観光
12:35 華厳の滝着、自由観光、昼食
13:40 界 日光着、組子ライブラリーで休憩
15:00 チェックイン、温泉
17:30 夕食 界 日光名物 ウニと和牛の東照湯波会席
19:00 ご当地楽 日光下駄談義を鑑賞

チェックアウトしたら、日光 界めぐり号に乗って奥日光観光へ。明智平ではロープウェイで展望台まで登ると、奥日光の絶景をご覧いただけます。華厳の滝は日本三大名瀑にも数えられる大瀑布です。観爆台から爆音とともに水しぶきが弾ける豪快な姿をご覧いただけます。界 日光に到着したらチェックインまで中禅寺湖を望む組子ライブラリーでお寛ぎください。伝統工芸「日光下駄」を履いて、中禅寺湖畔を散策するのもおすすめです。

3日目のスケジュール

7:00 温泉 朝の露天風呂を満喫
9:00 朝食
10:00 チェックアウト
    自転車で散策、英国大使館見学、昼食
13:55 界 日光発
14:35 東武日光駅着、お土産探し
16:23 東武鉄道・東武日光駅発
18:15 東武鉄道・浅草駅着

朝食の後は、中禅寺湖畔に佇む「英国大使館別荘記念公園」までのサイクリングがおすすめです。界 日光では電動自転車をレンタルしているので、どなたでも湖畔のサイクリングをお楽しみいただけます。中禅寺湖周辺でランチを食べたら、界 日光からバスに乗って東武日光駅へ。東武日光駅から二荒山神社の神橋へ続く、国道119号線沿いには日光湯波や日光彫、羊羹などの名店・老舗店が並びます。ぜひ日光土産を探して散策してみてください。


東武日光駅の乗降車場所

東武日光駅の乗降車場所は、東武日光駅とJR日光駅の間にある「定期観光バス乗り場」(下記マップのオレンジ色のバスマークが表示されている地点)となります。東武日光駅・JR日光駅からそれぞれ徒歩2~3分の場所です。乗降車目的で停車するため、バスの停車時間は5分程度を予定しております。

 

1.東武日光駅出口を左折

2.東武日光駅沿いに直進

3.ニッポンレンタカー前の歩道を直進

4.「定期観光バスのりば」の看板が目印となります

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
栃木を楽しむ
  • 東京から新幹線で50分 宇都宮駅発バス
    界鬼怒川・界川治へ無料送迎運行
  • 東京から界 日光へ直通  冬季無料バス
  • 日光の観光名所をめぐる
    無料周遊バス「日光 界めぐり号」運行
  • 日光東照宮「陽明門」公開
    夏の栃木まるごと周遊旅
  • 栃木の手仕事に触れるツアー