お茶で涼やかに過ごす

夏のご滞在 2017

星野リゾート 界 遠州では、暑い夏をお茶で涼やかに過ごす「お茶納涼滞在」をご提案します。食事はうなぎの旨みに茶葉の香りを掛け合せた特別会席「うなぎとお茶の会席」で夏の暑さをさわやかに乗り切ります。江戸時代から続く伝統の手筒花火が夜を照らし、旅の一日を締めくくる思い出深い滞在をお過ごしください。
実施期間:2017年7月1日~8月31日

氷点(こおりだて)抹茶体験

抹茶を氷水で点てる、氷点(こおりだて)でご提供する珍しい抹茶をご賞味いただきます。温かい抹茶が代表的ですが、冷たい冷水で点てた抹茶は苦味や渋みが減り、飲みやすいお茶となります。使用するのは、浜松にゆかりある徳川家康が飲んでいた本山抹茶。地元作家が作った界 遠州オリジナル遠州紬柄のガラス抹茶椀でお楽しみいただけます。

期間
2017年7月1日~8月31日
時間・開催場所
15:20~毎日開催
館内トラベルライブラリー
料金
無料
予約
予約制
チェックインの際にご予約ください

夏の特別会席 うなぎとお茶の会席

界 遠州の春夏の特別会席は「うなぎとお茶の会席」です。
浜名湖名物のうなぎと日本一のお茶処・静岡ならではの茶葉を掛け合せた会席料理です。焼き物「茶葉とうなぎの翡翠焼き」は、うなぎの白焼きに茶葉を重ねて焼き上げたお茶の薫り高い一品。そして春菊、山芋、菊花を蒲焼と共に巻いたロール、最後はこだわりの共だれで焼いた「うなぎの共だれ焼き」と3種のうなぎをお召し上がりいただけます。

宿泊期間
2017年4月1日~8月31日
除外日
ゴールデンウィーク(2017年4月29日~5月7日)
お盆(8月7日~8月16日)
ご宿泊料金
2名様ご利用時1泊2食付1名様 28,000円(税込)~

お茶処の夏の夜のおもてなし
「チャドコロバー」

夏は温泉後のビールの乾杯が美味しい季節です。茶処ならではのおもてなし「チャドコロバー」では温泉入浴の後に、湯上がり処で、抹茶ビールを振舞います。抹茶とビールの組み合わせで一層クリーミーになった一杯はビールの苦手な方にもおすすめな一品です。芳醇な香りと独特な苦味をお楽しみください。ノンアルコールのお茶カクテルもご用意しております。乾杯の後は線香花火でゆっくりと夜のひとときをお楽しみください。

期間
2017年7月15日~8月31日
ご利用時間
20:45~21:15
場所
湯上がり処
  • 提供商品、提供期間が変更になる場合がございます。

日本の涼を楽しむ 「湯涼み」

暑さ落ち着く夏の夜空の下、界 遠州ならではのお楽しみをご用意しました。界 遠州限定のご当地かき氷や、東西の中間に位置する当館で関東・関西2種類の線香花火をぜひお楽しみください。紬の柔らかな灯りでライトアップされた中庭で、ご家族や大切な方と思い思いの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。
(雨天時は館内トラベルライブラリーにてかき氷やラムネをお楽しみいただけます。)

期間
2017年7月15日~8月31日
場所
中庭
ご利用時間
20:45~21:15
料金
無料

朝茶を楽しむ 「ふくましカフェ」

朝は浜名湖の景色が一面に楽しめるライブラリーで過ごす、朝茶を楽しむ「ふくましカフェ」が登場します。「ふくまし」は朝茶は福が増す、ということわざから名付けました。みかん・ミント・昆布の3種のフレーバーからお好きな物を選び、爽やかな1日の始まりを。

期間・時間
2017年7月1日~8月31日
10:00~10:30
料金・予約
無料・予約不要
開催場所
トラベルライブラリー
  • 【界遠州】遠州手筒花火

江戸より続く伝統の和火 遠州手筒花火

手筒花火は江戸時代より遠州地方に伝わる手持ち花火です。魔除けの意味が込められ、昔から縁起のよいものとされてきました。材料はすべて自然素材。国産の火薬を使い、江戸時代から続く和火をご鑑賞いただけます。

期間
2017年8月毎週日曜日
予約
不要 当日ご宿泊者限定
  • 日程は変更になる場合がございます
  • 荒天の場合、中止する場合がございます
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連する記事

  • お茶に親しみ、心も身体も温まる

    冬のご滞在 2017-2018
  • 2017年大河ドラマ「おんな城主 直虎」

    井伊家ゆかりの地を歩む
  • 秋冬の味覚

    とらふぐを堪能する特別会席