青い目のサムライ紀行

青い目のサムライ紀行

江戸時代に徳川幕府に仕え、
伊東の地で日本初の洋船を手掛けた
英国人航海士の三浦按針(ウィリアム・アダムス)。
彼が生きた時代や航海の知恵を感じる
ひとときをお楽しみください。

ご当地楽とは

全国に展開している温泉旅館ブランド「星野リゾート 界」では、それぞれの地域の特長的な文化を楽しんでいただけるよう、オリジナルの特別なおもてなし「ご当地楽」を用意しております。

三浦按針ゆかりの地 伊東

三浦按針ゆかりの地 伊東

英国人航海士のウィリアム・アダムス三浦按針は静岡県伊東市にて日本初の西洋式帆船サン・ブエナ・ベントゥーラ号を造船しました。時の将軍徳川家康公にその功績を称えられた彼は、「水先案内人」を意味する「按針(あんじん)」という日本名を授かりました。按針メモリアルパークの前に建つ当館の名称は、その名に由来しています。

ご当地楽 通年

青い目のサムライ紀行

英国人航海士であった三浦按針が日本に来た由来や、徳川家康公の命を受け、日本初の西洋式帆船を造船するまでに至った歴史を、ストーリー仕立てでご紹介します。今もなお、伊東の地で愛される按針の人柄や当時の航海の様子を知ることができます。

館内で船旅気分を味わう

海を一望するサンブエナデッキ

サンブエナデッキは、船の甲板をイメージした開放的な空間で、三浦按針が日本で初めて造船した洋船「サン・ブエナ・ベントゥーラ号」に由来しています。ビールや紅茶に代表される大航海時代の嗜好品を飲み比べながら、三浦按針の時代に思いを馳せるひとときをお過ごしください。

  • 海を一望するサンブエナデッキ